「最高!」前澤社長の「100万円当選DM」を受け取った”お勉強ラッパー”Co.慶応氏を直撃

 8日、日本のTwitterは「前澤社長」「前澤さん」「当選DM」など、ZOZOTOWNの前澤友作社長による"100万円を100人の方にプレゼント!"というお年玉企画の当選に関するワードで席巻された。

 前澤社長のTweetは550万回以上リツイートされ、当選確率は単純計算で550万分の100に達したこの企画。AbemaTV『AbemaPrime』が当選したアカウントを分析したところ、「シェアアトリエの建設」や「民芸品を取材」など、アート関連に使いたいとアピールしていた人や、「障害者100人に服をプレゼント」「アジアの高齢者を笑顔にする」など、社会貢献をしたいという人が当選していることわかった。自身も音楽活動をしていた経験から芸術に関心を持ち、地震に被災地に寄付金を送るなど社会貢献も熱心に行ってきた前澤社長らしい人選といえるかもしれない。

 番組では、当選者の一人、Co.慶応さんに話を聞くことができた。


 Co.慶応さんは、TBSで放送された『学校へ行こう』の企画「B-RAPハイスクール」で「お勉強ラップ」を披露して大人気になったラッパーで、学習に使えるラップの動画をYouTubeに多数アップしている。当選を知らせる前澤社長からのDMは料理をしているときに受け取ったといい、「偽りのアカウントじゃないかと思って、1時間くらいかけて確認しました。間違いないとおもいます。最高!」と喜びを全身で表現。


 前澤社長から贈られる100万円は、「戦国武将ラップ」など、中学教科書の全教科をラップ化するための資料や機材の購入に充てる予定だといい「もう教科書を買い揃えました。これからラップを58個作ります!」と意気込んでいた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶放送済『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000