「1人の男として見て欲しい」たいしゅう、混浴でせりなをバックハグ『私の年下王子さま Winter Lovers』#11

 AbemaTVにて1月12日(土)よる10時より、『私の年下王子さま Winter Lovers』#11が放送された。

 同番組は、フレッシュな年下の男子である“年下王子”たちが、恋愛経験豊富な年上女性=“オトナ女子”にアプローチして、ときめきを与えられるかを検証すべく男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、モデルでタレントの木下優樹菜。ゲストには、歌手のhitomi、男女混合ダンス&ヴォーカルグループ「lol」のメンバーの佐藤友祐を迎えた。


 オトナ女子の心を掴むために奮闘するのは、甘えん坊な最年少王子・岡俊樹(としき/19歳)、人気若手俳優王子・小越勇輝(ゆうき/24歳)、ボーカルユニットで活躍中の王子・紀乃村匠見(たくみ/19歳)、ミスター慶応王子・糠部泰州(たいしゅう/20歳)、年上女子との初恋をしにきた吉井徹之介(てつ/21歳)、高身長のハーフ王子・リンドウ(Lindow/22歳)。


 そんな年下王子たちが出会うのは、女優のサバサバ系の姉御女子・Tokico(Tokico/31歳)、多趣味なJazzシンガー・守永真彩(まあや/27歳)、癒し系グラビアアイドル・橘花凛(りん/28歳)、リベンジメンバーの植田せりな(せりな/29歳)のオトナ女子4人。


 メンバーたちはお泊り旅行や抜けがけの個別デート、ホームパーティーなどを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白。告白が成功すればカップル成立となり、卒業することができるのだ。さらに、執事からLINEで送られてくる指令が恋を加速させる。


 2泊3日の最後の旅行にきたメンバーたち。初日の夜に、オトナ女子から恋愛通信簿を受け取り、その点数が20点以下だった場合は強制リタイアになってしまうということで年下王子たちは次々とアピールをしていく。

 せりなに想いを寄せるたいしゅうは、デートに誘い初めて手をつなぐことに成功するが、それ以上の男らしさを見せることはできず。途中で乱入してきたてつに押されてしまい、そのまませりなとの時間を終わりにしてしまう。

 そんなたいしゅうは、最後のアピールタイムで挽回しようと混浴を選択。「お姉ちゃん目線になってるのかもしれない」と言うせりなに、「今日最後の時間があったら(男らしさを)見せたいなと思ってて。俺の気持ちをせりなに伝えたい」と伝えると、「こっちへ来て」と誘導。「弟とかじゃなくて1人の男として見て欲しい」とバックハグをした。

 これにスタジオメンバーは「頑張り方が違うんだよな~」「さりげなくやってほしい」と厳しいコメント。しかし、せりなには刺さったようで「そうだね、そういうの。今ちょっとドキドキした」とたいしゅうが初めて見せた男らしい一面にドキドキの様子だった。


 結果、せりなはたいしゅうの恋愛通信簿に21点をつけ、強制リタイアを免れることに。


 「でも、まだてつのことは気になってる部分もあるから」とてつとたいしゅうの間で揺れるせりなは一体どちらを選ぶのか?告白まであと1日!『私の年下王子さま Winter Lovers』#12は1月19日(土)よる10時からの放送だ。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】「弟じゃなく男として見てほしい」いつもと違うキミに魅せられて… 年下王子#11

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000