Tokicoの不満に、ゆうきは混浴で積極アピール 『私の年下王子さま Winter Lovers』#11

 AbemaTVにて1月12日(土)よる10時より、『私の年下王子さま Winter Lovers』#11が放送された。

 同番組は、フレッシュな年下の男子である“年下王子”たちが、恋愛経験豊富な年上女性=“オトナ女子”にアプローチして、ときめきを与えられるかを検証すべく男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、モデルでタレントの木下優樹菜。ゲストには、歌手のhitomi、男女混合ダンス&ヴォーカルグループ「lol」のメンバーの佐藤友祐を迎えた。


 オトナ女子の心を掴むために奮闘するのは、甘えん坊な最年少王子・岡俊樹(としき/19歳)、人気若手俳優王子・小越勇輝(ゆうき/24歳)、ボーカルユニットで活躍中の王子・紀乃村匠見(たくみ/19歳)、ミスター慶応王子・糠部泰州(たいしゅう/20歳)、年上女子との初恋をしにきた吉井徹之介(てつ/21歳)、高身長のハーフ王子・リンドウ(Lindow/21歳)。


 そんな年下王子たちと出会うのは、女優のサバサバ系の姉御女子・Tokico(Tokico/31歳)、多趣味なJazzシンガー・守永真彩(まあや/27歳)、癒し系グラビアアイドル・橘花凛(りん/28歳)、リベンジメンバーの植田せりな(せりな/29歳)のオトナ女子4人。

 

 メンバーたちはお泊り旅行や抜けがけの個別デート、ホームパーティーなどを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白。告白が成功すればカップル成立となり、卒業することができるのだ。さらに、執事からLINEで送られてくる指令が恋を加速させる。

 2泊3日の最後の旅行にきたメンバーたち。初日の夜に、オトナ女子から恋愛通信簿を受け取り、その点数が20点以下だった場合は強制リタイアになってしまうということで年下王子たちは次々とアピールをしていく。


 前回、恋愛通信簿で積極性が足りないと指摘されたゆうきは、早速Tokicoを誘い2ショットデートへ。日本酒の利き酒ができるお店で大人なデートを楽しむ。

 順調に思えた2人だったが、ここでTokicoは「素をまだ見せてくれてないんじゃないかなと思っていて」「まだ壁があるんかなって正直ずっと感じていた」と抱いていた不満をゆうきへぶつけることに。

 しかし、ゆうきは「真剣に真面目にちゃんと伝えなきゃなって思うと、固くもなるというか」「多分そういうのがそういうふうに見せてるのかも…」と自分でもどうしたら良いのか分からない様子だった。

 その後、最後のアピールタイムで混浴温泉を選択したゆうきは、Tokicoと初の混浴風呂にドキドキ。緊張しながらも「トッキーに対する想いが日に日に増して、溢れ出てる感じが自分の中ですごいあって。トッキーのことしか見てないし、好きだなって思ってる」と必死にアピール。Tokicoは「めっちゃ嬉しい」と笑顔を見せた。

 不器用ながらも、一生懸命にTokicoに想いを伝えたゆうき。Tokicoはそんなゆうきを評価し、恋愛通信簿で21点をつける。そして、「今日1日で今まで不安だったことが解消できたというか。残された時間の中で本当に付き合えるかを見ていきたいなと思ってます」と残り2日でさらに距離を縮めていきたいことを伝えた。

 Tokicoとゆうきはこのままカップル成立となるのか?『私の年下王子さま Winter Lovers』#12は1月19日(土)よる10時からの放送だ。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】「弟じゃなく男として見てほしい」いつもと違うキミに魅せられて… 年下王子#11

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000