長野の広島移籍に「かなりショック」…”ジャイアンツ芸人”にも衝撃広がる

 7日のツイッタートレンドに、「丸の人的補償」「広島移籍」「プロテクト」など、巨人の長野久義選手の広島カープ移籍にまつわる言葉が数多く並んだ。


 背景には、所属の丸選手がFAで巨人に移籍することを決めたことを受け、広島側は主力選手を補填するため「人的補償」として、巨人から代わりの選手をもらうルールがある。また、巨人としては取られたくない大事な選手を28人「プロテクト」することも可能になっているのだ。そんな中、他の球団からのドラフト指名を拒否して巨人に入団したほどジャイアンツ愛に溢れる生え抜きの長野選手がプロテクトされていなかったことに驚きが広がっているのだ。


 2010年には新人王、2011年には首位打者、2012年には最多安打、2013年にはWBCの日本代表に選ばれるなど、巨人を支えてきた長野選手の移籍に、"巨人大好き芸人"のみんなのたかみちは「かなりショック。取られると思っていなかった。原監督に何らかの思惑があると思う。勝つ野球を目標にやっておられる方なので、勝つための思惑だ」と話す。


 また、「有望な若手である松原選手は取られてほしくないと思っていたが、さすがに長さんが取られるとは…」とショックを隠せない様子なのが、巨人の坂本選手のモノマネをしている芸人のさかとも。「"坂長コンビ"と言われるほど長さんとは仲よかったので、自分の成績が、長さんが居なくなったことで下がるかもしれないと思うとショック」ともコメントしていた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000