徳川家光が描いた“ゆるカワ”水墨画が話題、学芸員の評価は「うまくはないが、唯一無二の存在」

 江戸幕府の3代将軍・徳川家光が描いた水墨画が「ゆるカワイイ」と話題になっている。


 家光が描いたこの動物画の実物が、今年3月16日から東京・府中市美術館で初公開される。“生まれながらの将軍”のイメージとは正反対に、『兎』や『木兎(ミミズク)』『鳳凰』などが脱力感のあるタッチで描かれている。

 これらは絵としてうまいのか。府中市美術館・担当学芸員の金子さんは「うまい・へた基準価値だと、うまくはない」と評価。とはいえ、「江戸時代は浮世絵など決まった描き方があるが、家光はそれをわかっていて独特に描いている。他と一線を引いた、超越した唯一無二の存在」だという。

 歴史学者で東京大学史料編纂所の本郷和人教授にも見解を聞くと、「家光の立場としては、なんとしても(跡継ぎの)男の子をつくらなくてはいけない。女性といろいろ折衝しないといけないという中で、本心がこういうところに出ていたのだろうか。僕らはカワイイと言うけど、当時そんな概念はない。ましてや武士で、そんなことは言ってはいけない。そういう心の叫びが描かれていると思うと、しみじみさせられ非常に親近感が湧く」と述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎平成最後の年賀状「隠れイノシシ」が話題に

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000