「ドラ恋」史上最悪の修羅場勃発!コウの中間告白で大波乱 もかは怒ってペア指名を拒否「利用されているのが嫌」

 AbemaTVにて1月5日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.6が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。


 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。

 2泊3日の温泉合宿にきたメンバーたち。初日の夜には、男子が気になる女子を神社に呼び出し、気持ちを伝える中間告白が控えている。中間告白を前に男子メンバーはドキドキ。女子メンバーも中間告白を通して自分の気持ちがどう動くか、緊張していた。


 前回の放送で、さぶりんが他の男子とキスをしているのを見て自身の気持ちに気づいたコウ。しかし、コウが中間告白で指名したのはもかだった。

 まさかの展開に、女子メンバーもスタジオも動揺。コウと上手くいっていると思っていたさぶりんは、自分が呼ばれなかったことに「わかんない…なんで?」と涙した。

 しかし、もかがコウに呼び出した理由を尋ねると、コウは「正直、一番気になっているのはさぶりなのね」と気持ちはさぶりんにあることを告白。

 続けて、「一番近い場所にいたのがさぶりなのね。近すぎるより、フレッシュさがあったほうが人からみればカップルっぽさがあるのかなと思って。それを試したいからもかちゃんを選んだ」「このままさぶりを選んでいても、受からないと思う」とさぶりんとペアを組んでいても主役を取ることはできないと考え、もかとペアを組みたいと思っていることを伝えた。

 そんなコウに、もかは複雑な表情。そして、涙を流しながら「コウくんのお芝居も好きだから、次はコウくんともやりたいなと思っていたけど、でもコウくんはそうじゃない」「自分のことしか考えてないなと思ったのと、(中間告白は)気持ちがあるところに行って欲しかったな」とコウの自分勝手な行動に怒りを露わにした。

 その後、ペア決めでコウはもかを指名するが、もかはこれを拒否。「コウくんの好きな人は他にいて、私に気持ちはないのにその好きな人と主役をやるために私を利用されているのが嫌だから、今回は組めないです」とハッキリと自分の思いを明かした。

 もかに拒絶されてしまったコウは、もう一人残っていたさぶりんを指名。さぶりんは涙しながらもこれを受け入れ、再びコウとペアを組むことに。

 スタジオメンバーは、コウの自己中心的な言動にきっぱりと意見を言い放ったもかに「もか素晴らしい」「自分の意志がしっかりした子」「今回のことで信頼できる女友達(のイメージになった)と大絶賛。


 さらに、傷つけられたにも関わらず、「頑張ろうね、やるからには」とコウを許した心の広いさぶりんのことも「さぶりん強い」「あんな女になりたい」「さぶりんは良い女」と褒めたたえていた。

 自分勝手な言動で波乱を巻き起こしたコウ。果たして、コウは挽回することができるのか?『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.7は1月12日(土)の放送だ。


(c)AbemaTV

【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000