りくがミケに中間告白!渡辺直美らも「結婚してほしい」と応援 『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.6

 AbemaTVにて1月5日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.6が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。


 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。

 2泊3日の温泉合宿にきたメンバーたち。初日の夜には、男子が気になる女子を神社に呼び出し、気持ちを伝える中間告白が控えている。中間告白を前に男子メンバーはドキドキ。女子メンバーも中間告白を通して自分の気持ちがどう動くか、緊張していた。


 中でも、先日の密会デートでもかとりくを巡って三角関係であることを知ったミケはそわそわ。もかが呼ばれると「やばい」と不安げな表情を浮かべる。だが、もかを呼び出した相手はまさきだった。

 かのんがカツに、もかがまさきに呼ばれ、残る男子はコウとりく。そこで再びもかが呼ばれたことでミケは唖然。りくがもかを呼んだと思い、完全に落ち込んでしまった。


 スタジオメンバーももかを呼び出したのはりくだと予想。しかし、もかが向かった先に待っていたのはまさかのコウ。りくはミケを呼び出した。

 りくに指名されたミケは嬉し泣き。「りくくん~絶対呼ばれないと思った~」と泣きながらりくのもとへ走るミケにりくは笑顔。「そうやって泣いてくれるくらい、そういうふうに思ってくれてたのは嬉しい」「ミケちゃんしかないって思ってたから」と素直でまっすぐなミケに惹かれていることを伝えた。

 ミケ以外の女子メンバーは意中の相手から告白されずに終わった中間告白。その後のペア決めでは、りくがくじで1番を引き、ミケを選択。3度目となるペアでリベンジを果たすことになった。


 そんなりく&ミケの微笑ましいやりとりにはスタジオメンバーも大絶賛。「結婚してほしい」と2人の恋が成就することを望んでいた。

 りく&ミケはこのまま主役を勝ち取ることができるのか?『恋愛ドラマな恋がしたい2』act.7は1月12日(土)の放送だ。


(c)AbemaTV

【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい2

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000