ひろみ、先走りしすぎる将平にブレーキ「現実的なところから見て欲しい」

 AbemaTVにて1月5日(土)よる9時より、『私の年下王子さま Winter Lovers』#10が放送された。

 同番組は、フレッシュな年下の男子である“年下王子”たちが、恋愛経験豊富な年上女性=“オトナ女子”にアプローチして、ときめきを与えられるかを検証すべく男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、モデルでタレントの木下優樹菜。ゲストには、歌手のhitomi、男女混合ダンス&ヴォーカルグループ「lol」のメンバーの佐藤友祐を迎えた。


 今回も、前回の放送に引き続き、見事カップルになり卒業していった将平&ひろみカップルの初デートに密着。

 イルミネーションを訪れた2人は、幻想的な空間でのデートを楽しむことに。観覧車に乗ると、将平は「ずっと待ってたんだよ、繋ぎたくて」とひろみの手を取り、距離を縮めた。

 そこで、将平は「一緒に住むにあたってこうしたいとかはないの?」と“週に1度はお風呂に入りたい”、“お揃いのパジャマを着たい”といった自身の理想のように、ひろみからの要望はないのかと質問。当然のように一緒に住むつもりでいる将平に、ひろみの表情は曇りだす……。

 その後、ひろみは「私は(将平に)告白されて、付き合ってみたいなって思って。その段階なのね。だけど将平は同棲、結婚をみている気がして…」と不安をポロリ。「私はもっと1からちゃんとはじめていきたい。ロケットのようなスピードで未来を見すぎているから、もうちょっと手前、現実的なところから見て欲しいなと思った」と将平のスピード感についていけないことを吐露した。


 さらに、前回の放送で“LINEの返事をしてほしい”、“夜に出かけすぎ”など将平から要求されたことにたいしても「今更、将平の型にははまれない。努力はしたいけど、はまれない部分はたくさんあるなと思って。そこはもうちょっと話し合って、お互いに譲れるとこは譲って。そういう話もこれからしていきたいなと思った」とコメント。ひろみの気持ちを受け止めた将平は、「ありがとう」と快諾した。

 お互いの本音を言い合ったことで、ますます仲を深めたところで、将平はひろみの誕生日が近かったこともあり、テディベアのオルゴールとピンキーリング、手紙をプレゼント。2人は最後にハグをし、幸せそうな表情で初デートを終えた。

 番組では、さとる&Uカップルの2回目のラブラブデートも放送。『私の年下王子さま Winter Lovers』#10は、Abemaビデオで配信中で、ビデオ限定で「私が選ぶ年下王子さま~Best of Prince~」の投票結果も発表している。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】新春2時間SP!歴代王子で王子会&カップルのその後を赤裸々に♡ 年下王子#10

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000