なのかじ、さくレイ、あつれな、りょうしおんが誓いのキス 「恋ステ」カップル旅inチェジュ島

 AbemaTVオリジナル恋愛リアリティショー『恋する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』) にて、なのかじ(シーズン3)、さくレイ(シーズン5)、あつれな(シーズン5)、りょうしおん(シーズン5)という人気カップル4組が韓国・チェジュ島で、「いちばん愛し合ってるの誰だ選手権」に挑戦。最後は男子が女子に「誓いのキス」をするもようが放送された。

 『恋ステ』は、遠く離れた場所に住む現役高校生男女2つのグループの恋愛模様を追ったリアリティショー。高校生たちが会えるのは3回の週末2日間、合計6日間だけ。それまでに彼らは恋に落ちるのか? ピュア恋見届け人はゆいP(おかずクラブ)、工藤大輝(Da-iCE)。


 今回の旅の目的は、2泊3日でカップルの愛の深さを競う「いちばん愛し合ってるの誰だ選手権」。カップルカラオケ対決や以心伝心対決など5つの勝負でポイントを争い、総合優勝したのはなのかじだった。


 いよいよ帰国という3日目、最後の指令は「誓いのキス」。実はこれは男子から女子へのサプライズで、男子が女子に内緒で書いていた手紙を読み、誓いのキスをするというもの。


 最初はレイからさくらへ。交際半年、最初は毎日のように電話をし、LINEも秒で返していたことを振り返り、「その時に比べると、お互い慣れたこともあって、全然気持ちを伝えられなくて、冷めたように見えているかもしれないけど」としたうえで、「今の俺の気持ちは、前と少しも変わらず大好きです。こんなガキなアホ助だけども、さくらのことを一番に思っているけん、これからも一緒におってくれたら嬉しいです。大好きだよ」と伝え、おでこにキス。

 あつしは、「電話するたびに、れなの声をきいて幸せだなと思ったし、会う度にれなの笑った顔をみて、俺も自然と笑顔になれるし、俺は本当に幸せだなって思ってます」と改めてれなに惚れていることを伝えつつ、半年の間にはささいなことで喧嘩をしたことにも言及。

 「でもあの喧嘩を重ねる度に、れなの本当に大事なものや価値観が知れて、2人のために必要なことだったと思います。これからもいろんな場面で意見のぶつかり合いが生じることがあるだろうけど、れなとなら乗り越えていける気がします」と、喧嘩を重ねてより絆が深まったことを実感している様子をみせると、「月何回かしか会えないときの時間を大切にして、お互い支え合っていきましょう。誰よりもれなのことを幸せにします。これからも大好きです」とキスした。

 りょうは、「俺は恥ずかしがり屋だし、いつも思っていることを口に出したりしないけど、せっかく手紙を書く機会があったので、恥ずかしいけど聞いてください」と切り出すと、しおんに初めて出会い、惹かれていったときのことを述懐。そして、「もうすぐ半年記念日だけど、しおんの存在は当たり前じゃなくて、毎日新鮮な気持ちで、ありがとうという気持ちでいっぱいです。あんまり言葉で思いを伝えたりできないけど、しおんのことを好きっていう気持ちは、これからも…。こんな俺だけど、これからも仲良くしていきましょう」と手紙を読み上げた。いつもなかなか聞けないりょうの気持ちを聞いたしおんは、思わず涙…。りょうはそんなしおんの頭を優しく引き寄せると、キス。

 最後はかじからなのかへ。交際10ヶ月、なのかに手紙を書くのは初めてだというかじ。たくさんデートを重ね、「2018年はなのかで埋め尽くされた年になりました」とつづる。そして上京し、知り合いもおらず不安ななか始めた一人暮らしに触れ、「なのかがいてくれたから、本当に頑張れています。家に帰ると洗濯物を畳んでくれたり、ご飯を作ってくれたりして本当に感謝しています。最近はお互い忙しくなってきて、会えないことが増えてきたけど、俺は何も変わらず、なのかのことが大好きです。もっと想い出をつくって、2人で過ごしましょう。これからもよろしくお願いします」と言い、唇を合わせた。

 次回の恋ステは1月8日よる10時~。ついに新シーズンがスタート! 舞台は博多女子×関西男子、北海道男子×東京女子。史上最多涙、セツナきゅんシリーズが開幕する。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】恋する♥週末ホームステイ

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000