「恋ステ」人気カップルが激辛料理早食い対決 絶叫するレイにさくらは?

 1月1日よる10時15分~、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティショー『する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』) で、なのかじ(シーズン3)、さくレイ(シーズン5)、あつれな(シーズン5)、りょうしおん(シーズン5)という人気カップル4組が韓国・チェジュ島で、「いちばん愛し合ってるの誰だ選手権」に挑むもようが放送。激辛料理専門店で超激辛料理早食い対決を行った際、カップル毎の特徴が顕著に表れた。

 『恋ステ』は、遠く離れた場所に住む現役高校生男女2つのグループの恋愛模様を追ったリアリティショー。高校生たちが会えるのは3回の週末2日間、合計6日間だけ。それまでに彼らは恋に落ちるのか? ピュア恋見届け人はゆいP(おかずクラブ)、工藤大輝(Da-iCE)。

 今回の旅の目的は、2泊3日でカップルの愛の深さを競う「いちばん愛し合ってるの誰だ選手権」。5つの勝負でポイントを獲得し、優勝カップルにはディズニーペアチケットが贈られる。二日目の昼食場所となった激辛料理専門店では「超激辛料理早食い対決」を行った。


 制限時間は20分、超激辛のトッポギ鍋を早く食べ終わったカップルから勝ち抜けというルールだが、スタート直後から男子陣は全員悶絶。ひと口食べたりょうが「しおん、一回話し合おう」と大真面目に言ったかと思えば、かじは「気合いとかいうレベルじゃない」と呆然。レイに至っては「あーあーあー、ああああああ」と吠えまくる。

 5分経過したところで、カップル毎に食べ方の特色が出てくる。なのかじは、辛いものが苦手なかじを、なのかが「がんばろう、ほら一緒に。せーの」とリード。決して辛いものが得意というわけではなさそうなのに、頑張るなのかをかじは「まじリスペクト」と尊敬。

 あつれなは、「口周りいたい」と涙目になるあつしの横でれなが黙々と美味しそうに食べ続け、あつしの残りまで「ぜんぜんいける」と余裕。

 さくレイは、ひたすら吠え続け水を飲むレイをさくらが「すいません、うちのレイがうるさくて」ととりなす。一方りょうしおんは2人ともあまりの辛さに無言になり、明らかにテンションダウン。

 結果、最初に食べきったのはやっぱりあつれな。続いてなのかじがクリアし、さくレイとりょうしおんはギブアップだった。

 次回の恋ステは1月8日よる10時~。ついに新シーズンがスタート! 舞台は博多女子×関西男子、北海道男子×東京女子。史上最多涙、セツナきゅんシリーズが開幕する。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】恋する♥週末ホームステイ

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000