藤井聡太七段、年内最終戦を白星締め 大躍進の2018年は「大きな収穫だったと思います」

 最年少棋士・藤井聡太七段(16)が12月28日、棋王戦予選で村田顕弘六段(32)に84手で勝利し、2018年最後の対局を白星で飾った。通算成績では121局103勝18敗、勝率.851とし、驚異的な数字をさらに伸ばした。2018年は四段からスタートし七段まで昇段し、羽生善治九段(48)らトップ棋士を破り一般棋戦優勝も2回と大躍進。対局後には「2つの棋戦で優勝できたのが、大きな収穫だったと思います」と振り返った。

 2017年はデビュー以来の29連勝で大注目を浴びた藤井七段だったが、各棋士からのさらにマークされた2018年も、さらに飛躍した。2月1日に順位戦C級2組から1組への昇級を決めて五段に昇段すると、16日後の2月17日には羽生九段(当時二冠)や広瀬章人竜王(当時八段)を下して、朝日杯将棋オープン戦初優勝。最年少での一般棋戦優勝記録を樹立すると同時に、六段昇段を果たした。さらに5月には竜王戦の連続昇級で七段に。10月には若手棋士の登竜門である新人王戦でも優勝し、改めて若手棋士の中では断トツの存在であることを印象づけた。


 来年は連覇がかかる朝日杯将棋オープン戦のほか、ファンも望むタイトル挑戦を目指すことになるが「もちろん自分自身もタイトルを目指すという気持ちはあるんですが、課題も多いかなとも思うので、一歩一歩近づけるように頑張っていきたいなと思います。」と語った。


(C)AbemaTV


▶【現在振り返り中】第45期 棋王戦 予選トーナメント 藤井聡太七段 対 村田顕弘六段

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000