宮地真緒、8つ下の妹の結婚式で再び号泣「世界で一番可愛かったです」

 女優の宮地真緒が、23日に自身のアメブロを更新。妹の結婚式に出席し、号泣したことを報告した。

宮地真緒公式ブログよりスクリーンショット


 三姉妹の長女である宮地は「先日になりますが、宮地家のアイドル、愛しの三女が挙式しました」と報告。宮地は10月2日に更新したブログで次女の結婚式に出席して号泣したことを報告していたことから「数カ月前に次女の結婚式で号泣したばかりなので、今回はもう大丈夫!!と思っていたのですが。ダメね。年かな。すぐ泣く」とまたも号泣したことを明かした。


 三女が10歳の時に地元を離れたという宮地は「何年経っても大人になっても、いつまでも三女は子供!ってイメージが強く」とコメント。「8歳離れているもんだから、三女が産まれた時のことはよく覚えていて」「とにかく可愛くて可愛くて。小さかった彼女を鮮明に覚えていて、姉…というか親?のような気持ちになりました」と振り返った。


 現在の三女について「凛々しく美しく、そして純粋で真っ直ぐな女性になりました」と振り返り、「姉として、家族として、誇らしく思います」とコメント。「私は、くしゃっと笑う三女の笑顔が大好きで。ずっとずっと笑っていてほしい。心から思います。幸せになってね」と姉妹での3ショットを公開した。


 昨年末から今年にかけて、自身も含めて三姉妹が皆結婚したことから、「苗字は変われど、住む場所は離れても、大切な大好きな家族」とコメント。「私もいつか、こういう家族を作りたいです。そんな家庭を作ってくれた両親に改めて感謝と。家族の有り難みを感じた宮地です」としみじみつづった。


 この投稿に「みんな、いい笑顔です!おめでとうございます!」「真緒さんの文章からとても温かな豊かな時間を感じました。」「宮地家、おめでたいことが続きますねー。なによりです」「みなさん、お幸せに」などのコメントが寄せられている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000