【勝負の冬・第8話まとめ】ただの教え子が特別な存在に変わる瞬間…イケメン先生、生徒を「愛おしい」と告白!スタジオMC「神回」と大興奮

 12月16日(日)よる10時より、AbemaTV「AbemaSPECIALチャンネル」にて、若者向け恋愛リアリティーショー『勝負の冬!~勉強も恋もラストスパート~』#8が放送された。


 同番組は、受験を控えた高校3年生の女子高生が、有名難関大学の現役男子大学生である “イケメンエリート先生”と一緒に、志望大学合格を目指す“受験恋愛リアリティーショー”。今年の7月には前シーズンの『勝負の夏!〜先生、勉強も恋も教えてください〜』が放送され、先生と生徒のリアルな人間模様が反響を呼んだ。


 現在放送中の『勝負の冬!』では、本格的な受験シーズンに突入するにあたり、本気で合格を目指す女子高生のために、“イケメンエリート先生”が今からでも間に合う受験指導を実施。指導を担当するのは、鈴木涼太(千葉大学/医学部)、近澤智(千葉大学/教育学部)、二宮孝太(東京大学大学院/工学科研究科)、両角颯(青山学院大学/国際政治経済学部)の4名だ。

 オーディションで選ばれた新メンバーが加わり、顔ぶれも新たにスタートを切るなか、2人の関係に変化が表れ始めたペアがいた。前シーズンからペアを組み、2泊3日の勉強合宿などを通じて着実に距離を縮めていた、両角先生と西本莉美ちゃんだ。新メンバーオーディションで自分を希望する生徒が現れ、思い悩んだ両角先生。しかし、最終的には「他の生徒はとらない」という莉美ちゃんとの約束を守り、莉美ちゃん1人の先生でいることを選んだ。

 オーディションを終え、莉美ちゃんを呼び出した両角先生は、一瞬でも迷ってしまったことを謝罪。すると莉美ちゃんは「自分が1人がいいと言っただけに申し訳ない。絶対、莉美よりその子の方が可能性あるじゃないですか」と、複雑な心境を吐露。そんな莉美ちゃんに、両角先生は「俺は可能性とかで生徒選んだりしないから」と言い聞かせた。

 2人で食事をしながら、両角先生は莉美ちゃんに単語帳をプレゼント。この単語帳には両角先生からのメッセージも添えられており、「まとまった勉強時間を取れず、申し訳なかったです。ごめんね。でもこれが、何らかの気分転換になったら嬉しいです。俺も頑張るから、これからも一緒に頑張っていきましょう」と、莉美ちゃんへの想いがしたためられていた。

 両角先生からのプレゼントは、単語帳だけではなかった。青学の入試に向けて全国模試を受ける莉美ちゃんに、両角先生は「模試終わりに話せるかな?」と提案。模試の後の莉美ちゃんのメンタルを心配してのことだった。模試を終えた莉美ちゃんと試験会場で待ち合わせをした両角先生は、行きつけのイタリアンレストランへ。そして、朝4時に起きて書いたという、模試の復習方法をまとめた紙を渡した。

 さらに、食事を終えた莉美ちゃんの前に運ばれてきたのは、サプライズのデザートプレート。そこにはチョコレートで「I’m Proud Of You(私はあなたを誇りに思います)」というメッセージが書かれていた。莉美ちゃんは驚きながらも感激した様子。両角先生に感謝し、美味しそうにケーキを食べた。

 後日、両角先生との勉強会の後に「この前の合宿のオンエア見ました?」「泣いていましたね?」と切り出した莉美ちゃん。合宿を終え莉美ちゃんと別れた後、両角先生は2泊3日で大幅に成績を上げた莉美ちゃんの努力に感動し、カメラの前で涙を流していたのだ。

 莉美ちゃんは「オンエア観ていて、普通に嬉しかったですよ」と笑顔を浮かべ、「1対1で教えてほしいっていう約束を守ってくれて、改めてありがとうございます」と感謝。そして「その分、成績っていうか勉強の面で返していけたらと思っているので、最後までお願いします」と、改めて努力することを誓った。

 その後、番組スタッフに心境を語った両角先生。「あんまり人のために頑張ろうとか、思うタイプではないんですよ。でもなんか、頑張れますね。それはたぶん、莉美ちゃんが頑張っているからだと思います」と胸の内を明かし、「莉美ちゃんはどういう存在?」との質問には「色々な言葉の中で一番しっくり来たのは、『愛おしい』という部分かな」とうなずいた。


 初めはあくまでも先生として「勉強させればいいや」という程度の感情だったそうだが、一緒に時間を過ごすうちに、変化が生まれてきた様子。両角先生は「今日も会うの楽しみだったし…」と本音を漏らしつつ、「まぁ、僕は先生ですけどね。まずは合格させることだと思うので。普通に先生として頑張ろうと、今は思っています」と付け加えた。

 両角先生の胸キュン発言を受け、スタジオMCを務めるねお、久間田琳加、吉田凜音の3人は大興奮。「感動した」「恋愛感情でしょ?」「神回」などと口々に話していた。


 第8話ではその他に、鈴木先生と近澤先生のその後に密着。鈴木先生は、テストで目標の点数をクリアした浅見めいちゃんへのご褒美として、自宅での勉強会を開催した。1人暮らしをする鈴木先生の自宅を訪れるめいちゃんはもちろんのこと、招く側の鈴木先生もドキドキ。勉強の合間には、2人で夕飯を食べながら「今までの彼女は料理できる人?」「何人と付き合った?」など、めいちゃんから踏み込んだ質問も飛び出した。

 一方の近澤先生は、前シーズンから指導を担当している神田麗ちゃんと、オーディションを経て新たに受け持つことになった森理紗ちゃんを引き合わせたものの、沈黙が流れる気まずい雰囲気に。空気を変えることができないまま、3人での初めての授業がスタートした。この日は、麗ちゃんと理紗ちゃんが苦手な英語のテストを実施。麗ちゃんよりも点数が低かった理紗ちゃんは、悔しさを滲ませた。

 そして、3人での勉強会から数日が経ったある日、近澤先生は麗ちゃんを呼び出した。大学進学以外の進路もあることを、麗ちゃんの口から聞いていた近澤先生。受験勉強を続けていく上で、進路をはっきりさせることが必要と考えたのだ。「無理して続けなくていいと思う」と進退を問われ、麗ちゃんが出した答えとは…?『勝負の冬!~勉強も恋もラストスパート~』#9は12月23日よる10時~放送される。『勝負の冬!~勉強も恋もラストスパート~はAbemaビデオにて配信中。


⇒【放送を見る】#8:先生と体を温めあう、逆家庭訪問

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000