田中圭、親友・豊ノ島関の復活劇を振り返り男泣き「男として普通にカッコいいっすよね」

 12月16日、『田中圭24時間テレビ』(AbemaTV)にて、田中の親友で力士の豊ノ島関が登場し、田中が涙を流すというシーンがあった。

 『田中圭24時間テレビ』では田中が本人役として出演し、24時間の生放送の間に様々なゲストを迎えて、1本のドラマをつくりあげていく「24時間耐久ドラマ制作」に挑戦。ドラマのタイトルは『くちびるWANTED』で、「田中圭とキスした女性には1億円」という情報がネットでまたたく間に拡散され、俳優・田中圭の唇が様々な女性から狙われるというストーリーだ。

 田中と豊ノ島関は奥さんを通じて7年前に知り合い、家族ぐるみの付き合いをしているそう。豊ノ島関の本名である梶原の通称「かじやん」と「圭くん」と呼び合う仲だ。豊ノ島関の登場シーンでは、田中は「かじや~ん」と叫び、喜ぶ姿を見せた。続けて、豊ノ島関を紹介するVTRが流れ、2人は横並びで視聴した。


 豊ノ島関は2年半前、アキレス腱断裂で一時は幕下に陥落。年齢からも復活は無理だと言われていた。苦境に立たされていた2年間の間、豊ノ島関を励ましてきたのは、妻と娘、そして親友の田中だったという。田中は豊ノ島関のお見舞いに通っていたそうで、豊ノ島関は「お見舞いに来てくれるのは本当にありがたかった」と振り返る。続けて、田中の活躍について「圭くんの活躍を見るといいなと思いましたし、絶対俺もという気持ちにさせてくれたので」と田中から力をもらっていたことを打ち明けた。親友からの激励の力もあり、豊ノ島関は今年の9月場所では幕下筆頭で6勝1敗、奇跡的な復活を遂げた。

 VTRを見終わると田中は涙目に。コメントを求められると鼻をすすりながら「いや、あの、そうっすね。ちょっとかじやん喋ってもらっていいですか」と豊ノ島関にコメントを求めた。田中が目頭を押さえる隣で豊ノ島関は「入院していると孤独なので、そういうときにお見舞いに来てくれて本当にありがたかったですね」と感謝の気持ちを伝えた。

 田中は「相撲には引退っていうのがあるし、でも(かじやんが)相撲が好きだって知っているから、かじやんが怪我をして絶望的になっていたことも知っているし。だからこそ復活して、男として普通にカッコいいっすよね」と述べた。

 『田中圭24時間テレビ』はAbemaTV SPECIAL2チャンネルにて放送中。


【放送を見る】『田中圭24時間テレビ』

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000