ネットショッピングの普及で急増する「廃段ボール」から新たな価値を創造するアーティスト

 「赤、緑、黄色と多彩な色を使っている」「すごく西洋っぽくてかわいいな」。


 捨てられたボロボロの段ボールを前に熱い口調で語る男性、島津冬樹さん(30)だ。段ボールを愛しすぎた男として、密着ドキュメンタリー映画『旅するダンボール』が制作されるほど注目を集めている。作中、「あれもかわいいですね。これって頂けたりします?」と段ボールを収集していく様子は、まるでおもちゃを前にした子どものようだ。

 都内にあるアトリエを訪ねてみると、そこには島津さんが収集した、およそ500種類もの段ボールがあった。 「段ボールって、農家のおじさんがデザインしていたりする。だから"なんでこんな色使ったんだろう"とか、感性として僕にはできない、突拍子もないデザインもたくさんある。プロが敵わない"ゆるさ"も魅力。すごくオシャレだなと思いつつも、捨てられてしまうのはもったいないなと感じていた。湘南の生まれなので、貝や拾って標本を作ったり、粗大ごみを拾ったりはしていた。コレクションするというのは昔から好きだった」。そんな島津さんが段ボール財布の制作を始めたのは美術大学に通っていた2009年、2年生の時だという。お金がなく財布が買えなかったため、目の前にあった段ボールで間に合わせの財布を作ったところ、意外にも"1年間使えてしまった"。面白いと感じた島津さんは、「Carton」という活動名で財布づくりを本格的に始めた。現在使っているものは、もう2年も使っているという。

 「"タイムライン"を感じさせる、ストーリーを妄想したくなる、そういう段ボールがグッとくる。デザインが淡白でも、それが伝わるような段ボールであれば大好きな段ボールになる」。"素材"となる段ボールを求め、世界30の国と地域を訪問してきた。店先やゴミ置き場で拾っているため変な顔で見られることも。それでも「わざわざ海外に行って段ボールを拾っているので、それで人目を気にしてもしょうがない。でも、パリではテロかと疑われたし、大量の段ボールを持って帰国すると、税関で止められることもある。"コレクションしている"というと余計に怪しまれる(笑)。金とか銀の段ボールってなかなか珍しい。これで財布を作ったら、ギャルソンのみたいになる(笑)」。

 今や販売までしているという段ボール財布の完成度は非常に高く、国立新美術館内で展示されたほどだ。最近では全国各地でワークショップを開催、「やっぱりワークショップが始まった瞬間にみんな段ボールを見る目が変わる。これから自分が作るアイテムになった瞬間に見る目が変わる」と話す。 

 私たちの生活になくてはならない段ボールだが、Amazonやメルカリなど、ネットショッピングの普及により、生産量は過去最大を記録している。一方、リサイクル率も90%を超えており、国内だけにとどまらず中国などアジアの製紙会社にも販売されている。古紙回収業の斎藤英次商店では、東関東にある10カ所の拠点に、月間およそ6000トンもの段ボールが集まるという。しかし島津さんが「リサイクルにも限界がある。リサイクルの過程では空気も使うし、漂白剤の洗剤や薬剤もすごく使う。リサイクルにまかせっきりにしていると、どこかで問題が生じる」と話す。

 そんな問題意識を抱いていた島津さんは、ドキュメンタリー映画の撮影を通じて自分の活動が"アップサイクル"だと定義されたと感じたという。アップサイクルとは、廃棄物をまったく価値の高いモノへ甦らせるという概念で、"新しいエコ"として注目を集めている。古いレコードをカバンに、シートベルトをネクタイに、椅子の背もたれをハンガーに、紙を建築物にするといった取り組みが普及し始めている。

 「僕に何かできるというわけではないが、モノを捨てる前とか、不要だと思っているモノに、何かきっかけを持ってほしい。そこには可能性があるんだというメッセージ。段ボールにもそれだけ物語があるということを、映画を通じて知ってほしい。そして、その先にあるアップサイクルも感じてもらえれば」。島津さんを追ったドキュメンタリー映画「旅するダンボール」は、7日から全国で順次公開されている。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶放送済みAbemaPrimeは期間限定で無料配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000