【勝負の冬・第7話まとめ】近澤先生も言葉を失う…先生に想いを寄せる教え子2人が初顔合わせで予想以上にピリピリ状態に…

 12月9日(日)よる10時より、AbemaTV「AbemaSPECIALチャンネル」にて、若者向け恋愛リアリティーショー『勝負の冬!~勉強も恋もラストスパート~』#7が放送された。


 同番組は、受験を控えた高校3年生の女子高生が、有名難関大学の現役男子大学生である “イケメンエリート先生”と一緒に、志望大学合格を目指す“受験恋愛リアリティーショー”。今年の7月には前シーズンの『勝負の夏!〜先生、勉強も恋も教えてください〜』が放送され、先生と生徒のリアルな人間模様が反響を呼んだ。


 現在放送中の『勝負の冬!』では、本格的な受験シーズンに突入するにあたり、本気で合格を目指す女子高生のために、“イケメンエリート先生”が今からでも間に合う受験指導を実施。指導を担当するのは、鈴木涼太(千葉大学/医学部)、近澤智(千葉大学/教育学部)、二宮孝太(東京大学大学院/工学科研究科)、両角颯(青山学院大学/国際政治経済学部)の4名だ。

 新メンバーオーディションが幕を下ろし、第7話から新しいペアが本格始動。なかでも序盤から急激に距離を縮めていたのが、森理紗ちゃんと近澤先生のペアだ。2人は初の勉強会の前に、シルバーアクセサリーのショップへ。相手へのメッセージを刻印し、アクセサリーを贈り合った。

 近澤先生はアクセサリーに「I know you can do it.(あなたができるって知ってるよ)」と刻み、理紗ちゃんにプレゼント。近澤先生が受験生だった時、このメッセージを英語の先生からもらい、とても嬉しかったのだという。自身の経験を基にした近澤先生からのメッセージに、理紗ちゃんは「めっちゃ嬉しい」と感激の面持ち。

 一方、理紗ちゃんは「TREASURE(宝物)」と刻印。理紗ちゃんの気持ちがこもったアクセサリーを受け取り、近澤先生は「この時間とか、一緒に頑張れることに対しての言葉だと思って。すごく嬉しいなって心から思います」としみじみ話した。

 アクセサリー作りと2度の勉強会、さらにはLINEでもこまめに連絡を取り合い、だいぶ打ち解けてきた様子の理紗ちゃんと近澤先生。近澤先生が理紗ちゃんに「あ~ん」をしてあげる場面も見られ、2人そろって「距離感が近くなったと感じた」と実感を口にしていた。

 だが、3回目の勉強会で、これまでの和やかな空気が一変。近澤先生が指導を担当するもう1人の生徒である、神田麗ちゃんと理紗ちゃんが、初めて対面したのだ。


 理紗ちゃんが麗ちゃんのことを気にしていると感じた近澤先生は、「1度会っておいた方が良い」と考え、2人を引き合わせることに。突然、麗ちゃんがやって来ると聞かされた理紗ちゃんは、戸惑いを隠せない様子で「めっちゃ緊張する。新メンバーのことあんまり、ウェルカムな感じじゃないと思うから」と不安をあらわにした。

 理紗ちゃんの予想通り、近澤先生が自分以外に生徒を受け持つことについて「なんか嫌ですよね」と、複雑な心境を明かしていた麗ちゃん。番組スタッフから「嫉妬?」と聞かれると、「嫉妬…かも」と認めていた。

 教室で初対面を果たした麗ちゃんと理紗ちゃんは、「はじめまして」と挨拶こそしたものの、なかなか目を合わせようとしない。後に、理紗ちゃんの第一印象を問われた麗ちゃんは「特にないです」と一言。対する理紗ちゃんは「かわいかった」と、麗ちゃんの印象を話していた。

 その後、自己紹介をした際に、近澤先生が「ちゃんとやっと目が合いましたね」と言うと、麗ちゃんは「結構目は合っています」と笑顔で反論。そして「(理紗ちゃんのことを)何て呼んでいるの?」と聞く麗ちゃんに、近澤先生が「俺は理紗ちゃんって呼んでいます」と答えるなど、気まずい会話が展開された。

 重苦しい空気の中、近澤先生が「色々気になることもあると思って。こういうの苦手だろうけど」と、2人を会わせた意図を改めて説明すると、麗ちゃんは「苦手です」とキッパリ。さらに、麗ちゃんが「円滑にコミュニケーションがとれません」とはっきり訴える場面もあり、終始ピリピリムード。近澤先生は「いやぁ…難しいっすね」と漏らし、苦笑いを浮かべるしかない様子だった。

 その他、鈴木先生と二宮先生も新しいペアで勉強をスタート。鈴木先生とペアを組むことになった浅見めいちゃんは、初回の授業で英単語のテストに挑戦。その際、50問中25問正解できたら、「先生の家に行かせてください」とおねだりした。これには鈴木先生もタジタジの様子だったが、めいちゃんはぴったり25問正解。鈴木先生は、自宅での勉強会を約束した。

 二宮先生は高橋知子ちゃん、野澤理恵ちゃんの2人に指導を開始。初回の勉強会で今後の学習計画を立てた知子ちゃんは、「1日10時間は勉強してほしい」という二宮先生の言葉を受け、「死ぬ気で頑張ります」と宣言した。

 やる気十分の知子ちゃんに対し、理恵ちゃんは早くも問題を抱えていた。オーディションの合格発表の時から、二宮先生の態度に温度差を感じていた理恵ちゃん。知子ちゃんも参加した合同の勉強会で、その不安がさらに強まり、ついに3回目の勉強会で本音をぶちまけた。


 「ちょっと気になることがあって」と切り出した理恵ちゃんは、「私と知ちゃん(知子ちゃん)とで、ずっと対応が違うのかなと思って」と心境を吐露。「仕方なく自分をとってくれたのでは」と落ち込み、モチベーションが下がってしまったのだという。

 二宮先生は、決して贔屓するつもりは無かったと説明。オーディションで合格したことに気を許さず、頑張ってほしいとの想いから、合否発表の際にあえてプレッシャーをかけるような言葉を選んでいたことを明かした。そして「一緒に頑張っていきたい」と、改めて伝えた。

 二宮先生から真意を聞き、安心した理恵ちゃん。数日後には「前は本当に全然やる気なくて、嫌々やっていたけど、今は勉強が楽しい。結果としても残せるぐらい、頑張りたい」と気持ちを新たにし、晴れやかな笑顔を見せていた。『勝負の冬!~勉強も恋もラストスパート~』#7は、Abemaビデオにて配信中。

 次週は麗ちゃんと理紗ちゃんが、英語のテストで直接対決!果たして勝利するのは…?12月16日(日) 22:00 〜放送される。


⇒【この動画を見る】憧れの先生と2人で勉強♡楽しい、モチベ上がる、ご褒美が神すぎる…!勝負の冬 #7


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000