渡部愛女流王位が準決勝進出 貞升南女流初段との熱戦制す タイトルホルダーの底力/女流AbemaTVトーナメント

 女流棋界の「最速最強」決定戦、女流AbemaTVトーナメントの1回戦(三番勝負)、渡部愛女流王位(25)と貞升南女流初段(32)の対戦が12月9日に放送され、渡部女流王位が今年初タイトルを獲得した底力を発揮し2-0で勝利、準決勝進出を決めた。

 危うくなっても負けないのがタイトルホルダーだ。攻めの渡部、受けの貞升。対照的な棋風の持ち主に戦いは、戦前の予想通り渡部女流王位が仕掛けたが、貞升女流初段の反撃に、渡部女流王位は度々形勢を悪くした。接戦の第1局を制して迎えた後手番の第2局。「決定的に負けにしていた局面があった」というほど追い込まれた。ただ、ここから粘れば挽回できるのが、超早指し棋戦の醍醐味。解説を務めた高見泰地叡王が「これが見たくて仕事を引き受けたんですよ」というほど、数秒単位でめまぐるしく形勢が変わる将棋を興奮気味に語ると、渡部女流王位がほんの一瞬の勝機を見逃さず逆転。「本当に最後まで分からなかったです」と、勝利後にはようやくホッとした様子を見せた。

 集中力の持続は、指導を受ける野月浩貴八段からしっかりと叩き込まれている。「男性棋士のように戦えるようになれば、女流でもタイトルが取れる」と教えられ、研究を始めれば8時間ノンストップ。公式戦を戦い終えた後の検証も、100手のものを2000手以上まで広げて考える「野月流」で深く読み込む練習を重ねている。ボクシングで言えば、息を止めての殴り合いのような終盤戦でも、決して先に息が続かず顔を上げることがないように、しっかりと鍛えてあったことが、苦しんだ中での勝利につながった。

 これで開幕戦を制した里見香奈女流四冠(26)に続き、準決勝に進出。その里見女流四冠からタイトルを奪取したとはいえ、実績には大きな開きがある。決勝で再びぶつかり優勝することが、渡部女流王位の名前と強さを、さらに広めることになる。“女流最速最強”を目指す旅は、まだ始まったばかりだ。


◆女流AbemaTVトーナメント 持ち時間各7分、1手指すごとに7秒が加算される、チェスでも用いられる「フィッシャールール」を採用した女流棋士による超早指し棋戦。推薦枠の女流棋士、予選を勝ち抜いた女流棋士、計8人がトーナメント形式で戦い、1回の対戦は三番勝負。優勝者は、第1回大会で藤井聡太七段が優勝した持ち時間各5分、1手指すごとに5秒加算の「AbemaTVトーナメント」に、女流枠として出場権を得る。


(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】女流AbemaTVトーナメント決勝1回戦 渡部愛女流王位 対 貞升南女流初段

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000