バーチャルライバー界初の快挙!月ノ美兎の“水戸納豆”CM出演&“美兎納豆”発売決定!『にじさんじのくじじゅうじ』#8

 12月5日よる9時から10時に渡り、AbemaTVのゲーム専門チャンネル「ウルトラゲームス」において、『にじさんじのくじじゅうじ』#8が放送された。

 『にじさんじのくじじゅうじ』(以下『にじくじ』)は、バーチャルライブ配信グループ「にじさんじプロジェクト」に所属するバーチャルライバーが出演する生放送番組。バーチャルライバーにスポットを当てて紹介する「フォーカスにじさんじ!」や、さまざまなゲームにチャレンジする「ゲームでワイワイ!にじさんじ」といったバラエティ豊かな内容が反響を呼び、放送のたびに番組名がTwitterトレンドワードの日本トップ5に入るなど、大きな話題となっている。


月ノ美兎、茨城県で納豆への愛を叫ぶ!?

 #8では、月ノ美兎による「水戸納豆CMを作りたい」プロジェクトの後編が放送された。#5で納豆のゆるキャラ「ねば~るくん」との対決を制した月ノ美兎は、茨城県水戸市にある「水戸納豆製造株式会社」を訪問。「納豆のことを知りたい」という本気の想いを同社の高星専務に伝えたところ、バーチャルライバー初の「納豆工場見学」をすることに。

 衛生ヘアキャップと衛生マスクで完全装備(?)し、納豆が生み出される場所へと足を踏み入れる月ノ美兎。炊き上がった大豆にじょうろで納豆菌をかける様子や、大豆を藁に詰める作業など、初めて見る光景に月ノ美兎は驚きの声を隠せない。そんな彼女に、高星専務は「納豆の藁詰め」を実際にやってみるよう促す。

 月ノ美兎(のタブレットをいつも持っているスタッフ)が挑戦するが、初めての作業は上手くいかず、納豆を藁からこぼしてしまう。

 工場で働く人々の大変さと熟練の技を実感した月ノ美兎は、自宅に帰ると、自身のYouTubeチャンネルで納豆への熱い思いをアピール。数日後、その配信を見た「水戸納豆製造株式会社」から連絡を受け、再び会社を訪問することに。

 そこで高星専務から告げられたのは、月ノ美兎の水戸納豆のネットCMへの起用決定の知らせだった。さらにそれだけでなく、「月ノ美兎パッケージ水戸納豆」の制作も決定。数多くの努力(?)が認められ、ついに念願の水戸納豆コラボが実現した。CMの放送予定およびコラボ商品の販売方法の詳細については、後日発表されることとなっている。

 「ゲームでわいわい!にじさんじ」のコーナーでは、『大乱闘スマッシュブラザーズfor Wii U』を使った「第1回 スマブラバーチャル武道会」を開催。剣持刀也が「初めてのゲームを、初めてのコントローラーで遊びます」と言いつつも、圧倒的な実力で他のメンバーを倒し、みごと初代王者に輝いた。


 また、番組内では、視聴者がTwitter に投稿した「#にじくじあーと」からレギュラーメンバーが選んだイラストを紹介。メイド服姿のメンバーを描いたものや、超テクニックで作られたホットケーキアート、天川さくら(タイムマシーン3号・関太のアバター)のイラストまで、さまざまな作品が紹介された。


新春特別番組&応援上映決定!

 番組のエンディングトークでは、2019年1月3日(木)よる7 時より、特別番組『にじくじ新春SP2019 にじさんじのしちじじゅうじ』の放送が決定。さらに同放送の応援上映(パブリックビューイング)の開催も発表され、スタジオにメンバーの驚きと喜びの声が響いた。


 応援上映への応募方法は「ウルトラゲームス」の公式Twitterで公開中だ。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000