渡辺直美も「超タイプ」と絶賛 最年長”りく”に女子人気が集中 『ドラ恋2』#1

 AbemaTVにて12月1日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』#1が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショーだ。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。

 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。


 初対面を終えたメンバーたち。女子メンバーに第一印象を聞いてみると、かのんは同じ最年少のカツのことを、もか&ミケ&さぶりんの3人は最年長のりくのことを気になっている様子。スタジオの渡辺も「やばい、超タイプ!」と絶賛した、大人の雰囲気を醸し出すりくに人気が集中する結果となった。

 台本読みの時間になると早くももかが動き出し、りくのもとへ。積極的に話しかけるもかの姿にスタジオ女子たちは、「やっぱり積極的なんだよ~」「すごいわ~これすごいわ~」とやや引き気味コメント。男性陣からは高評価のもかだったが、渡辺は「魔性の女ですね」と宣言していた。

 しかし、女子指名によるペア決めでは、くじ引きで1番を引いたミケがりくを指名。さぶりんはコウ、かのんはカツ、もかは自動的にまさきとペアを組むことになり、りくと組むことができなかったもかとさぶりんは複雑な表情を浮かべる。

 その後も、役作りのためにみんなで卓球デートにいき、ペアのまさきに「もかちゃんと組めてよかった」「隣に座ったときから決めとった」と好意を寄せられるも、もかは「言われたのは純粋に嬉しい。でも今はりくとくんとお話をしてみたい」とまさきは眼中になし。

 コウと恋バナで盛り上がっていたさぶりんも、「りくさんと喋ってみたいって思いはあるんですけど、なかなか動けなくて…そこがもどかしい」とりくに一直線。

 一方、りくと組むことができたミケは、「りくくんが一番話しやすい」とりくに告白。りくはそんなミケを見て、「見た目はすごく綺麗なのに飾らない子。なんでもフランクに話してくれるから居心地が良い」と好印象のようだった。

 そしてオーディション当日。主役に選ばれたのは最年少で演技の経験も少ないカツ&かのんペア。先生からは、「正直なところ、消去法で決めました」「本当にがっかり。前回よりもだいぶ緊張感がないなと思いました」と酷評されてしまう。

 最年長のりくは、ミケに「ごめん。歴が長いだけで芝居なんて下手くそなのに…。がむしゃらさが出せてなかった」と謝罪。ミケは「次さ、がんばろう」と涙ぐみながら応える。

 さらに、ミケはりくがいないところで「せっかくりくくんとやらせてもらったのに、申し訳ないというか」「やりたい人とやれるなんて、もうないかもしれないですもんね…」と涙。できることならりくとリベンジを果たしたいという思いを明かしていた。


 次回、一番人気のりくとペアを組むことができるのは誰なのか…?『恋愛ドラマな恋がしたい2』#2は12月8日(土)よる11時より放送だ。


(c) AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000