アドリブのキスシーンで「友達」から「異性」に…『ドラ恋2』がスタート

 AbemaTVにて、12月1日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい2』#1が放送された。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショーだ。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の前野朋哉、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、熊木陸斗(以下:りく/28歳)、七瀬公(以下:コウ/24歳)、兵頭功海(以下:カツ/20歳)、聖貴(以下:まさき/22歳)、花音(以下:かのん/18歳)、佐藤ミケーラ(以下:ミケ/22歳)、佐分利眞由奈(以下:さぶりん/21歳)、山﨑萌香(以下:もか/22歳)の男女8人。

 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになるというルールだ。


 初対面を終えたメンバーたちのもとに、台本が配られる。第1話のタイトルは「出発」。空港を舞台に、仕事の都合で上京していく彼氏とそれを送り出す彼女の恋愛ドラマだ。

 まだ緊張が解けないでいるメンバーたちは黙って台本を読み込み始めるが、女子メンバーが徐々に動きだす。もかはりくのもとへ、かのんは同じく最年少のカツのもとへ。それぞれ気になる男子メンバーを誘う。


 しかし、かのんが第一印象で好印象を抱いたカツは、「見た目が一番好みだった」ともかに好意を寄せている様子。早くも恋の矢印が交差する。

 その後、女子指名によりペア決め。くじ引きで1番を引いたミケはりくを指名。続いて、さぶりんはコウ、かのんはカツ、もかは自動的にまさきとペアを組むことになった。


 ペアを組んだメンバーたちは、役作りのために、ドラマの主人公たちと同じように卓球デートに繰り出すことに。

 ペア同士、お互いの恋愛について話し距離を縮めるも、カツは年下のかのんに「年下とは付き合ったことはない」「幼すぎるのは嫌だ」と漏らす。そんなカツの話を聞いたかのんは、「カツさんは私のことを何も思っていない気がする…」と自信を失くしていた。


 そんなカツ&かのんペアだったが、見事オーディションに合格。2人で主役を演じることになる。

 念入りにリハーサルをしていく中、監督に「どういうキスにするの?」と聞かれたかのんは「最後に記憶に埋め込みたい。私のことを」と宣言。自身の恋心とヒロインの気持ちを重ね合わせた大きな思いには、スタジオからも「おぉ~」と歓声があがった。

 そしていよいよ本番。台本にある通り、1回目はカツから。2回目はかのんからキスをする。さらに、かのんはカツの襟ぐりを引っ張りもう1回、アドリブでキスをした。

 そんなかのんの思いが溢れる2回のキスにはスタジオメンバーも「2回やった!?」「アドリブ?」「やべぇな」と大興奮。


 撮影後、終わったことへの安心感と恥ずかしさでニヤけが止まらないカツとかのん。かのんは、「今、カツくんが私のことどう思っているかわからない。もし他の女の子を気になってたとしても頑張りたい」とカツへの思いが大きくなっていることを告白。

 一方、もかを気になっていたはずのカツも「見る目が変わりますよ。今、かのんちゃんが他の人とドラマ主演するの見たらイヤだろうなって思います。キスをしたことによって、友達から異性としてみるようになった」とキスを通してかのんに気持ちが傾いたことを明かした。

 カツ&かのんはこのまま両思いになり、カップル成立となるのか…?『恋愛ドラマな恋がしたい』#2は12月8日(土)よる11時より放送だ。


(c)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000