ゆきがよねを誘ってデート そのときTokicoは…!?『私の年下王子さま Winter Lovers』#5

 AbemaTVにて12月1日(土)よる10時より、『私の年下王子さま Winter Lovers』#5が放送された。

 同番組は、フレッシュな年下の男子である“年下王子”たちが、恋愛経験豊富な年上女性=“オトナ女子”にアプローチして、ときめきを与えられるかを検証すべく男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、モデルでタレントの木下優樹菜。ゲストには、歌手の青山テルマ、男女混合ダンス&ヴォーカルグループ「lol」のメンバーの佐藤友祐を迎えた。


 オトナ女子の心を掴むために奮闘するのは、負けず嫌いのギラギラ王子・中谷将平(将平/22歳)、色気漂う肉食王子・黒崎澪音(れおん/21歳)、直球勝負のハニカミ王子・横田創(そう/23歳)、恥ずかしがりやなクール王子・米村俊哉(よね/22歳)、甘えん坊な最年少王子・岡俊樹(としき/19歳)、そして前章のリベンジをかけてやってきたリベンジ王子・相馬理(さとる/21歳)の6人。


 そんな年下王子たちと出会うのが、お嬢様タイプの家庭的な港区女子・新部宏美(ひろみ/29歳)、女優のサバサバ系の姉御女子・Tokico(Tokico/31歳)、台湾出身の無邪気な天真爛漫女子・U(U/28歳)、弁護士事務所勤務の攻めの女王様系女子・金城ゆき(ゆき/32歳)のオトナ女子4人。


 メンバーたちはお泊り旅行や抜けがけの個別デート、ホームパーティーなどを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白。告白が成功すればカップル成立となり、卒業することができるのだ。さらに、執事からLINEで送られてくる指令が恋を加速させる。

 旅行最終日。告白前最後の個別デートのチャンスでよねが指名したのはTokico。だが、としきも同じくTokicoを指名していた。3ショットでの酒造見学デートを楽しんだあと、王子たちは順番にTokicoと2ショットへ。

 よねはTokicoと2人になると「やっと2人になれた」と本音をポツリ。Tokicoは嬉しそうな笑顔を見せる。さらに、2人は一緒に飲む用の日本酒を購入。また夜に2ショットになることを約束する。

 続けて、よねは箱根で買ったお揃いのストラップについて切り出す。気持ちが固まったら青のストラップからピンクの“恋愛”ストラップに変えることを宣言していたTokicoだったが、まだストラップは青のまま。「ピンクつけたいって気持ちもあるんやけど、お互いもっとよく知ってからかな」とまだ気持ちは固まっていないことを告白した。

 デートの順番がまわってきたとしきは、よねの目の前でTokicoと手を繋いで2ショットへ。

 一度は裏切られたことで心を閉ざしていたTokicoだったが、としきのまっすぐな思いにまたもや少しずつ心が動かされていく。そして悩みながらも「ほんまはプレゼントのときに、としきが来てくれたら渡そうと思っていた」ととしきにサプライズでもらった手紙の返事をプレゼント。手紙を読んだとしきは感激。「プレゼント渡す前の俺に“とっきーに渡せ”って言ってやりたい」と冗談交じりに未だに後悔していることを打ち明けた。

 再び3ショットに戻ったところに、れおんとデートを終えたゆきが登場。「ちょっとよねと話したいなと思って」「(デートしたい人の指名は)2人送った」と積極的なゆきに、Tokicoもよねもタジタジ。

 困惑しながらもゆきとのデートに行ってしまうよねに、Tokicoは「こういうこともあるんや…えー?よねのこと気になってるのかなぁ?」と動揺が隠せない。スタジオの木下も「やだぁ~やだいかないでって言っちゃう」とTokicoの気持ちを代弁していた。

 よねはゆきに気持ちが傾いてしまうのか?そしてTokicoはなんでも話せるとしき、ドキドキさせてくれるよねのどちらを選ぶのか?『私の年下王子さま Winter Lovers』#6は12月8日(土)よる10時より放送だ。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】「キスしてもいい?する場所は…」私達の密着には指令など要らないの 年下王子#5

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000