「付き合ったらすぐ同棲」木下優樹菜&青山テルマがお互いの恋愛観を暴露 『私の年下王子さま Winter Lovers』#5

 AbemaTVにて12月1日(土)よる10時より、『私の年下王子さま Winter Lovers』#5が放送された。

 同番組は、フレッシュな年下の男子である“年下王子”たちが、恋愛経験豊富な年上女性=“オトナ女子”にアプローチして、ときめきを与えられるかを検証すべく男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、モデルでタレントの木下優樹菜。ゲストには、歌手の青山テルマ、男女混合ダンス&ヴォーカルグループ「lol」のメンバーの佐藤友祐を迎えた。


 オトナ女子の心を掴むために奮闘するのは、負けず嫌いのギラギラ王子・中谷将平(将平/22歳)、色気漂う肉食王子・黒崎澪音(れおん/21歳)、直球勝負のハニカミ王子・横田創(そう/23歳)、恥ずかしがりやなクール王子・米村俊哉(よね/22歳)、甘えん坊な最年少王子・岡俊樹(としき/19歳)、そして前章のリベンジをかけてやってきたリベンジ王子・相馬理(さとる/21歳)の6人。


 そんな年下王子たちと出会うのは、お嬢様タイプの家庭的な港区女子・新部宏美(ひろみ/29歳)、女優のサバサバ系の姉御女子・Tokico(Tokico/31歳)、台湾出身の無邪気な天真爛漫女子・U(U/28歳)、弁護士事務所勤務の攻めの女王様系女子・金城ゆき(ゆき/32歳)のオトナ女子4人。


 メンバーたちはお泊り旅行や抜けがけの個別デート、ホームパーティーなどを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白。告白が成功すればカップル成立となり、卒業することができるのだ。さらに、執事からLINEで送られてくる指令が恋を加速させる。

 旅行最終日。告白前最後の個別デートのチャンスでれおんが指名したのはゆき。2人は観光船を貸切にしたデートを楽しむことに。

 告白前ということで、ゆきはれおんに「付き合う子に求める条件みたいなのある?」と改めて恋愛観について質問。れおんは、「付き合うなら一緒に住みたい」「けっこう好き好き好きみたいな感じなんだよね」と明かした。


 スタジオの青山は「やだなぁ~すぐ同棲は無理だね」と同棲しない派。一方、木下はれおんと同じく同棲したい派のようで「すーぐ同棲しちゃう」「一緒にいたいから」と照れ臭そうに自身の恋愛観を暴露した。

 その後、れおんは執事の「相手の目を見て好きなところを3つ伝える」という指令を実行し、ゆきとハグ。良い雰囲気になるが、ゆきから実はデートしたい相手としてよねも指名していたことが明かされる。

 そして、ゆきはれおんとのデート後にTokicoとのデートを楽しむよねのもとへ。初めて2ショットになったよね&ゆきは、お互いの心境を語り少しずつ距離を縮めるが…。果たしてゆきの思いはどちらの王子に傾くのか?『私の年下王子さま Winter Lovers』#6は12月8日(土)よる10時より放送だ。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】「キスしてもいい?する場所は…」私達の密着には指令など要らないの 年下王子#5

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000