キャラが濃過ぎるポーカープロ・鈴木に、GACKT「いちいちリアクションが大きい」

 AbemaTV「GACKTプロデュース!POKER×POKER~業界タイマントーナメント」11月23日放送回では、11月トーナメント大会優勝者のボクシング元3階級制覇王者・亀田興毅と、ポーカープロ・鈴木拓也が対決した。鈴木の濃過ぎるキャラクターに、実況&解説のGACKTが困惑した。

 試合前は「ポーカーはスキル。スキルで勝つ」との鈴木の豊富な経験に裏付けされたクールな発言に、「いいですねぇ」と喜んでいた。だが、チップベット時にはコメントを付ける、カードを開く際には指でタップするなど、ポーカーテーブルの前に座ったと同時にキャラが豹変した鈴木の言動を目の当たりにすると、たまらず「いちいちリアクションが大きい。まるでマジシャン」と強烈な突っ込み。ボードで5枚連番役・ストレート成立のチャンス時には「これが出ればストレート」と鈴木にセルフ解説され、役割を奪われたGACKTは「いちいち被ってくる」と呆れ顔だった。


 極め付けは第3ラウンドだ。亀田のベットに全額ベットのオールインで応じた鈴木が「シャアッ」と発すると、「自分で効果音まで付けるプロ」と、もはやお手上げ。亀田及びボードのカードが開かれるたびに「おおーーっ」と反応する鈴木に対して、「そっちの方が気になる」と苦笑いするほかなかった。ただ、第3ラウンドで決着した試合は、さすがはプロ、さすがは亀田といった素晴らしい内容。「非常に濃い試合だった」とGACKTも満足気だった。


 次回は12月7日放送。各月の優勝者によるグランドチャンピオントーナメントが開催され、岡井千聖と矢口真理が対決する。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】決勝は亀田興毅×真壁刀義の異種格闘技戦&ラスボス戦!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000