ついに中間告白…アユが電話をかけたのは、まさかのやまと!『恋ステ』東京女子×九州男子編 第8回

 11月27日よる10時~、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティショー『恋する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』) のシーズン6・第8回が放送。関西女子が、気になる男子に電話をかける中間告白回で、意外な展開が相次いだ。

 『恋ステ』の舞台は2か所。「東京の女子高生が、九州の男子高生の元へ週末ホームステイ」「東京の男子高生が、関西の女子高生の元へ週末ホームステイ」という、現役高校生男女2つのグループの恋愛模様を追ったリアリティショー。高校生たちが会えるのは3回の週末2日間、合計6日間だけ。それまでに彼らは恋に落ちるのか? ピュア恋見届け人はゆいP(おかずクラブ)、工藤大輝(Da-iCE)だ。


 東京女子×九州男子編では、女子は外見よりも中身重視の慎重派で、フィリピンと日本のハーフ・信夫明日香(しのぶ・あすか/高3)と元気が取り柄のギャル系女子・桐原愛歩(アユ/高1)。男子は運動神経抜群のバスケ男子・森瞭元(りょうげん/高2)、恋愛未経験の最年少ハーフ男子・竹田アルトゥール(アル/高1)、笑顔が武器の金髪男子・家村滉(ひかる/高2)。そして新メンバーとして、鹿児島から来た色白高身長男子、岡本大和(やまと/高3)と料理が得意なお姫様系女子の高瀬結香(ゆか/高2)が加わり、恋は新たな展開を見せ始めている。

 ひかると心がすれ違っていたアユ。いったんわだかまりは解消したものの、大人のやまとに好感度があがっている真っ最中だ。りょうげんはゆかと2ショット時間を過ごし、話が弾む。

 そんななか向かったプールでのドキドキ水着デートでは、男子が潜水勝負。潜水して泳いだ距離を競う勝負で、優勝はりょうげんだった。あすかを指名し、みんなが見ている前でハグ…ゆかが複雑な表情でそれを見つめる。

 さらに、あすかにアピールしたいアルは「腹筋勝負しよう」と提案。連続腹筋サドンデス対決で、まずひかるが21回でギブアップ。アルは90回で終了。やまととりょうげんの戦いになり、りょうげんは127回で終了、結局やまとが優勝した。アユは腹筋のときにひかるがあまり悔しがるそぶりも見せずに終わらせてしまったことを残念がる。

 そして迎えた中間告白。ゆかは、トークが楽しかったりょうげんにかけ、「明日誘っていい?」と気持ちが向いていることを示唆。りょうげんも「俺もゆかのこともっと知りたい」と約束した。電話をかけてきてくれたゆかについて、りょうげんは「かわいい」と絶賛し、「噴火しそう」と顔がほころぶ。

 アユは…ひかるではなく、やまとに電話。理想のデートで、「浴衣を着て歩きたい」と夢を語ったアユ。 “女子にされて嬉しいこと”について、やまとの「ずっとそばにいてほしい」という答えに「やば、マジで王子様」とすっかりメロメロだ。その頃ひかるは「終わったぁ…」とぽつり。「もう無理や…どうすればいいかわからん」と落ち込んでいた。

 最後はあすか。第一印象はりょうげんだったが、やまとからも積極アピールを受けている。そしてアルからも一途に想われているあすかがかけたのは、「いろいろ考えて、やっぱりいちばん喋りたいと思った」というりょうげんだった。2人の女子から電話をもらえたりょうげんはニヤニヤが止まらない。「明日一緒にまわろうよ」と、ゆかに続き、あすかとも2ショット、さらに何かおそろいアイテムを買うことを約束した。

 ウキウキモードのりょうげんに、ゆいPは「調子乗ったらやばそうだけどなあ~周囲見えてないよね」と心配顔。工藤も「大事故になりますよ」と危ぶむが、今後の展開はいかに!? そして次回、アユをめぐりやまととひかるのバトルが激化し、涙をこぼすひかる。その理由とは…?シーズン6、第8回は12月4日(火)よる10時~放送。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】恋する♥週末ホームステイ

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000