【勝負の冬・第5話】「これ言っていいのかな?」楽しいランチの空気が一変…ある先生の暴露に衝撃が走る

 11月25日(日)よる10時より、AbemaTV「AbemaSPECIALチャンネル」にて、若者向け恋愛リアリティーショー『勝負の冬!~勉強も恋もラストスパート~』#5が放送された。


 同番組は、受験を控えた高校3年生の女子高生が、有名難関大学の現役男子大学生である “イケメンエリート先生”と一緒に、志望大学合格を目指す“受験恋愛リアリティーショー”。今年の7月には前シーズンの『勝負の夏!〜先生、勉強も恋も教えてください〜』が放送され、先生と生徒のリアルな人間模様が反響を呼んだ。


 現在放送中の『勝負の冬!』では、本格的な受験シーズンに突入するにあたり、本気で合格を目指す女子高生のために、“イケメンエリート先生”が今からでも間に合う受験指導を実施。指導を担当するのは、鈴木涼太(千葉大学/医学部)、近澤智(千葉大学/教育学部)、二宮孝太(東京大学大学院/工学科研究科)、両角颯(青山学院大学/国際政治経済学部)の4名だ。

 番組では現在、新メンバーを決めるオーディションが進行中。一次審査に続き、オーディション合宿の冒頭で行われた抜き打ちテストをクリアした6名が、熾烈なアピール合戦を繰り広げている。


 そんな中、先生と新メンバー候補生は、学校の屋上でピザパーティーを楽しむことに。生徒たちも抜き打ちテストの緊張から解かれ、和やかな雰囲気が漂っていた。だが、生徒の1人が鈴木先生に「莉美ちゃんが離れていった時、どう思いましたか?」と質問したことで、徐々に気まずい空気が流れだす。

 前シーズンの「勝負の夏!」で、当初指導を担当していた西本莉美から先生の交代を告げられ、両角先生に引き継ぎを行った鈴木先生。「とってもとっても悲しかった」と鈴木先生がその時の心境を振り返ると、森は「それはどういう悲しさですか?」と、さらに突っ込んで質問した。

 「自分の元から離れるって悲しくない?」としょんぼりする鈴木先生だったが、両角先生の口から明かされたある出来事が、さらなる追い打ちをかけることに。両角先生は「なんか、これ言っていいのかな…」と躊躇いつつ、「この間ロケがあったんだけど、空き時間に先生の似顔絵を描いていたんですよ」と切り出した。


 先生たちの似顔絵を描いて遊んでいたという、両角先生と莉美。しかし、その際莉美は鈴木先生の似顔絵だけ描かなかったそうだ。この話を聞き、鈴木先生は「怖いんだけど」と苦笑。

 両角先生が「涼太くんは?って聞けなかった自分がいた。未だに触れていいのかわからない」と複雑な気持ちを語ると、鈴木先生は「触れていいと思いますよ」と言いながらも「嫌われたな…」とつぶやき、ショックを隠せない様子だった。

 『勝負の冬!~勉強も恋もラストスパート~』#5はAbemaビデオにて配信中。次週、オーディション合宿は最終章に突入。素直な気持ちをぶつけた女子高生たちに、先生たちが出す答えとは…?12月2日(日) 22:00 〜放送される。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000