千鳥がサイバーエージェント藤田社長の前でガチ漫才披露も本格スベり!?

 お笑いコンビ・千鳥が、株式会社サイバーエージェントの藤田晋社長の前で漫才を披露したものの、ノブいわく「本格スベリ」となった。

 11月20日放送のAbemaTVのバラエティ「チャンスの時間」。素人とノブが漫才を行い、藤田社長を笑わせる企画「藤田社長を笑わせろ! ノブmeets素人! 即興漫才」が、サイバーエージェント社で行われた。藤田社長が笑うまで素人と即興漫才を行わなければならないこの企画を、ノブは「地獄」と呼んでいた。


 ノブが即興漫才を行う素人は、ラーメン店「なんでんかんでん」の川原ひろし社長、AbemaTVアナウンサーの瀧山あかねの2人。さらに今回は、ゲスト出演していた三四郎の相田周二が特別に参戦。そして、話の流れでノブは相方・大悟とも漫才を行うハメになった。グダグダになるであろう即興漫才の後の相方との漫才だけに、三四郎の小宮が「意外とこれが一番プレッシャーかかりますよ」と指摘するなど、期待感が膨らんだ。


 川原社長、瀧山、相田との漫才でなんとか藤田社長から笑いを取ることに成功したノブ。しかし、やはり鬼門は大悟との漫才だった。大悟はなぜか始める前から「クセがすごい(をやる)」と千鳥の代名詞的漫才を行うことをネタバらし。その後、上がりきったハードルのなか、2人は本気の漫才を披露したが、キラーワードの「クセがすごい」が飛び出しても、藤田社長はおろか共演者は誰も笑わなかった。


 それでも構わずに全力で漫才を続ける大悟に、ノブは「本格スベリしとるのよ。本音でスベッてる」と本心がポロリ。これで藤田社長から笑いを引き出し、なんとか企画は終了した。ノブは「社長が笑ってくれなかったらヤバかった。よく考えたら笑う要素なんかあんまないのに」と振り返り、笑いを誘っていた。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】チャンスの時間#28~千鳥がサイバーエージェント藤田社長の前で本気漫才!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000