藤井聡太七段、順位戦連勝記録を「16」に 1期抜けへさらに前進/将棋・順位戦C級1組

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(16)が11月20日、順位戦C級1組の7回戦で増田康宏六段(21)を78手で下し、今期の成績を6戦全勝とした。昨期、C級2組を10戦全勝で1期抜けしていたが、これで2期をまたいで16連勝。2期連続での1期抜けへ、あと4勝とした。通算成績は98勝17敗。

 後手番だった藤井七段は「東の増田、西の藤井」と、東西の天才棋士として並び称される増田六段に対し、夕食休憩後に一気の攻め立てると、持ち時間を2時間近く残した状態で勝負をつけた。前日まで公式戦では1勝1敗と五分で、将来の将棋界を背負うライバル対決だったが、今回は藤井七段に軍配が上がった。


 C級1組には今期39人が参加。成績上位2人がB級2組に昇級する。成績が同じ場合は、前期の成績を元にした順位が上の者が優先される。藤井七段は37人中31位のため、昇級には全勝かそれに匹敵する成績が必要になる。なお全勝が3人以上出た場合は、全員が昇級する。


【藤井七段 C級1組今後の対局予定】(藤井七段から見た先手・後手)

8回戦 門倉啓太五段(後手)

9回戦 富岡英作八段(先手)

10回戦 近藤誠也五段(先手)

11回戦 都成竜馬五段(後手)

※5回戦は抜け番で7回戦が6局目

(C)AbemaTV


▶11/20(火)9:30~ 第77期 順位戦 C級1組 第7回戦 藤井聡太七段 対 増田康宏七段

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000