声優も恐怖! 川元文太の“ブラック”なネタ「少しくらい悪いことしても…」

 テレビ朝日で2001年4月から2008年9月まで放送された伝説の深夜バラエティー『虎の門』が、AbemaTVのバラエティーステーションで復活。今回は、板倉俊之(インパルス)、井上聡(次長課長)、大水洋介(ラバーガール)、川元文太(ダブルブッキング)、サツマカワRPG、柴田英嗣(アンタッチャブル)、西澤裕介(ダイアン)、山根良顕(アンガールズ)らが人気声優とペアになり、第2回「声優耳打ちしりとり」に挑んだ。

 声優陣には、アニメ『ラブライブ!』で西木野真姫役を演じた声優で歌手のPile、『THE IDOLM@STER』で天海春香役を務めた中村繪里子、『それが声優!』(萌咲いちご役)や『はじめてのギャル』(八女ゆかな役)などに出演し声優ユニット・イヤホンズでアーティストとしても活躍中の長久友紀、『ゆるゆり』シリーズ(赤座あかり役)や『進撃の巨人』(クリスタ・レンズ役)に出演している三上枝織らが登場。


 名物企画「しりとり竜王戦」のアップデート版である「声優耳打ちしりとり」。この企画では、お題に沿ったワードを芸人が考え、人気の声優さんが“萌え~”な声色や“子ども”の声色などで発表。いとうせいこう、勝俣州和、MEGUMIらが言葉のセンスとキャラのハマり具合で採点をし、“耳打ちしりとり王”を決定する。


 ルールは、ハマった!が3点、ちょいハマが1点、言葉の末尾に「ん」がついた場合はマイナス3点。どの芸人がどの声優と組むかはくじ引きによって決められる。

 くじ引きの結果、決勝戦のペアは、川元(ダブルブッキング)が長久友紀、サツマカワRPGが三上枝織、井上(次長課長)が中村繪里子、西澤(ダイアン)がPileと組むことに。


 決勝戦は“幼い子どものキャラ”で、テーマは“耳を疑うような言葉”。いとうから出された最初の例文「ママ!お庭から原油が湧いてきたよ」の「よ」からバトルスタート。


 サツマカワRPG・三上ペアは「ヨーグルトがまっくろ〜」と可愛らしい回答。続く井上・中村ペアは「6等賞がハワイ旅行!?」と回答し、審査員全員から「ハマった!」の札が上がり、高評価を得た。

 前回王者の西澤がPileに耳打ちしたのは「ウミガメがアスファルトにいるよ~」という言葉。これには、いとうからも「ただ、驚いてるだけでしょ!」とツッコミ。なかなか西澤の実力が発揮できない。


 続く川元が出した回答は「よその国と揉めてるなら、戦争すればいいのに」。テーマ通り、耳を疑うような衝撃のセリフ、長久の見せたクオリティの高い“幼い子どもキャラ”の演技が高評価を生んだ。

 その後も川元が出した回答を元に、長久が舌足らずな口調で「少しくらい悪いことしてもいい弁護士知ってるから〜」と“ブラック”なネタを発表すると、審査員たちからも大ウケ。バトルは時間切れとなったが、次の番だったサツマカワPRGが、考えていた答えをどうしても披露したいといい、三上が「ラー油は何にでも合うな〜」と無邪気に回答すると、番組はほっこりとした雰囲気で終了。

 決勝を振り返り、MEGUMIは「泥みたいな発言を子どもでいうから面白い。革命が起きていた」と絶賛。最後に川元と組んだ長久が「(耳打ちされた後に)川元さんから、毎回黒い笑いが漏れて……」と笑いながら恐怖を語ると、審査員チームからも「怖い!」の声が。


 集計結果は、川元・12点、サツマカワRPG・7点、井上・12点、西澤・0点。川元と井上が同点に。判断は審査員を代表して勝俣に委ねられることになった。


優勝は次長課長・井上、ダブルブッキング・川元のどちらに?▶︎動画はこちら(最終結果・52分ごろ〜)


▼【バラステ】虎の門#6 伝説の深夜バラエティー復活!「第2回 声優耳打ちしりとり」
【期間限定で無料視聴が可能・2018年12月2日まで】
(※スマートフォンアプリ、FireTVStick、ChromeCastから視聴可能です)

【次回】
12月2日(日) よる22時から
(※見逃し防止には番組表から「通知を受け取る」がおすすめです)
《番組は【マイビデオに追加】しておくと好きな時間に視聴が可能!》

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000