アニメのせいで男女の仲が悪くなる!? 石ダテ監督「ひもてはうす」に込めた思い明かす

 「gdgd妖精s」や「てさぐれ!部活もの」などの作品で知られるアニメーション監督の石ダテコー太郎が、放送中の「ひもてはうす」の誕生秘話を明かした。アニメにおける男性・女性の描き方に問題意識を感じたらしい。

 11月12日に生放送されたAbemaTV「声優と夜あそび」に石ダテ監督がゲスト出演して、同監督作品の魅力である声優のアドリブパートが生まれた経緯や、声優によるバラエティ番組に対する本音をぶっちゃけるなどした。「ひもてはうす」についても話題に上ったが、もともとは「女性版『おそ松さん』を作れないか」というアイデアから生まれた作品らしい。「おそ松さん」におけるニート設定を女性キャラで展開するとしたら、「恋愛が充実していない女性たち」になるのではないか……などと構想をふくらませていったことを明かした。また、1988年からフジテレビ系にて放送されたコメディドラマ「やっぱり猫が好き」も意識したそうだ。


 女性キャラの描写にもこだわりが詰まっているとのこと。石ダテ監督は、「女性向けのアニメだと、女性にとって都合のいい男性像が登場するし、男性向けもまた然り。(キャラクターの描き方が)両極になっているのが、どんどん進んでいると思うんです」と持論を展開した。その上で、「こんなにアニメが栄えているのに、男女がどんどん仲良くなくなっていく感じと言いますか。アニメが好きになればなるほど、リアルの異性に興味がなくなっていく感じをちょっとなんとかできないかと思いました。女性目線で見ても共感できるし、男性目線で見ても『理想の女性像とは違うけれど、1周回って愛くるしい、愛おしい、面白い』と思える女性たちをアニメで描くことによって、(両極が)進みすぎた状態を緩和できないものか」と「ひもてはうす」に込めた思いについて語った。


 月曜MCを務める声優の緒方恵美(「新世紀エヴァンゲリオン」碇シンジ役や「幽☆遊☆白書」蔵馬役など)が「今、割と極端に走っていってますもんね」と石ダテ監督の持論に理解を示すと、石ダテ監督は、「そっちのほうが手っ取り早くお金になりますから、そうなりますよね」とキッパリ語った。

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】声優と夜あそび【月:緒方恵美×内田彩】 #32 石ダテコー太郎がゲストに登場!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000