フット岩尾は誠実で純情?「ブサイクの恋愛に冒険は必要ない」

 DT(童貞)にスポットを当てた青春バラエティ番組『DTテレビ』#50が10月26日、AbemaTV(アベマTV)にて放送。当番組は徳井義実と朝日奈央が送る、行き場のないエネルギーを抱えた“DT(童貞)”による、DTのための、青春バラエティ番組。DTテレビ放送から1周年を記念する2時間スペシャルにゲストとして登場した岩尾望(フットボールアワー)はブサイク芸人代表としてDT達に自身の純愛を語った。

 岩尾は『ブサイク恋愛塾~純愛編~』の中で自身の体験談をVTR仕立てで披露。VTRでは仕事で共演した女性に一目ぼれした岩尾が勇気を出して連絡先を交換し、慣れないながらも連絡を取り続け距離を縮めた様子や、デートの中で「たまたま歩いてたら見つけて、似合いそうやなと思って」とアクセサリーをプレゼントしたり、「車のトランク開けてみて」と促し、開けるとそこには彼女が好きだと言っていたひまわりの花束を用意していたりといったサプライズエピソードを披露。また、彼女が家に泊まりに来ることになった時も同じ布団で寝ながら手を出さず、ゆっくりと距離を縮めていったという純情エピソードを語った。結局岩尾の告白は「今は仕事に集中したい」という彼女の残念な返事で幕を閉じたが、岩尾がDTたちに伝えたい持論は『石橋は叩いて、叩いて、叩いてから渡る。ブサイクの恋愛に冒険は必要ない』というものだった。

 VTRを見ていたMCの朝日は「(岩尾が)可愛い子と付き合える理由がわかったというか。さりげないサプライズが凄い。突然のサプライズに女性はグッときますよね」と感想を語り、MCの徳井も「純情な部分がいい方向に転がってるよね」とコメントした。


 岩尾は「結局フラれてからご飯とか行く関係は続いていて、半年後くらいに『もう付き合ってるようなもんやん』と思って、改めて言ったら付き合うことになりました」と純愛のハッピーエンドを報告。しかし「その一年後ぐらいに急に一切連絡取れへんようになって…」と、時間をかける恋は実っても魔法がすぐに解けてしまうということを語った。


(c)AbemaTV


⇒【無料配信中】ありがとう1周年!童貞vsセクシー耳はむはむ♡2時間SP DTテレビ#50

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000