オクテ男子の想いは届くのか…? LINEで知り合った男女7人の恋の結末 『アオハルLINE』最終回

 10月25日、AbemaTV(アベマTV)のAbemaSPECIALチャンネルにて、『アオハル♡LINE』第5弾最終回#4(毎週木曜よる10時~)が放送された。


 この番組は、全国各地に住むお互い顔も名前も知らない現役高校生の男女6人が、コミュニケーションアプリ「LINE」のグループに入会。顔と名前を伏せた状態からLINE上でのやり取りを繰り返し、その中で恋に落ちるかを追っていく、“毎秒ニヤニヤが止まらない”恋愛リアリティーショーだ。番組内ではメンバー間のLINEでのやり取りはもちろん、文字には表れないリアルなコメントも放送される。


 今回MCを務めるのは、お笑いトリオ・パンサーの向井慧、タレント・朝日奈央、モデル・中島健、モデル・里々佳、動画投稿で人気の3人組ユニット・カリスマブラザーズのジョージの5人。時には自身の体験を交えながら、高校生たちの“アオハル=青春”を見守っていく。


 第5弾は、“ベビーフェイス委員長”ツバサ(兵庫在住/16歳)、“青森の柔道BOY”なると(青森在住/18歳)、“イケメンブラザーズ”ホース(福岡在住/16歳)の男子3人と、“ちゃき×2太眉ガール”るな(大阪在住/16歳)、“ほんわか美少女”アロハ(栃木在住/18歳)の女子2人、計5人でスタート。そこに#2から“電光石火のオシャレ王子”サンダー(埼玉在住/18歳)、そして#3から、第2弾の女子メンバー・ビーバー(京都在住/17歳)がリベンジ参戦。この7人グループの恋模様が描かれている。


 #4では、7人が初の顔合わせ。東京ドイツ村でグループデートを行い、最後に男子メンバーが気になる女子メンバーに告白した。

 初期の段階から“いい感じ”のムードを作っていたるなとホース。この日のグループデートでは、るなとビーバーの間でホースを奪い合うバチバチムードも飛び交ったが、ホースがるなに告白して、るなはそれを快諾。無事カップル成立となった。

 一方、ビーバーの元にはツバサが現れたが、ビーバーは「ごめんなさい」と告白を断り、「自分の気持ちがわからへんまま答えたら相手に嫌な思いをさせるから」と、ツバサへの恋心がまだ高まっていなかったことを打ち明けた。

 アロハのもとにはなるとの姿が。#3まではずっとなるとが気になっているたアロハだが、そこに「ちょっと待ったー!」とサンダーが割って入った。

 なるとはアロハに、「想像していたよりめちゃめちゃ可愛くて」「居心地の悪さをあんまり感じないし、ずっと一緒に居てもいけるのかなと思って」「付き合ってください!」と男らしく告白。続いてサンダーが「(LINEグループに)入った初日から気になっていた」「これからもっと色々知っていきたいのでよろしくお願いします!」と手を差し出した。

 結果、アロハが選んだのは、やんわりと相思相愛ムードと思われていたなるとではなく、途中参戦組のサンダー。アロハはなるとに「ずっと気になっていた」「実際会ってみてもめっちゃ面白くて」「でも、これからは友達として楽しい思い出を作っていきたい」と断りを入れ、なるとは“柔道BOY”らしく、きちんと礼をしてその場を立ち去った。

 アロハはサンダーに「正直、最初はそんなに……」とぶっちゃけ。しかし、「でも洋服の系統が合うな、と思って。これからもっとお互いのこと知っていきたいと思いました」と、実際に顔を合わせて印象が変わったことを告白。アロハの想いを聞いたサンダーは、満面の笑みですかさずアロハをハグ。アロハは恥ずかしそうに顔を覆い、MC陣からは「早いよ!」というツッコミが入った。

 アロハはサンダーの気持ちを受け入れた理由を「パッと見で、一番好きな顔だな、みたいな」「見れない。カッコいいの」と説明。やってみたいデートを聞かれ、サンダーが「服を買いに行ったりしたい」と答えると、アロハは「服見に行きたい!」と笑顔を見せた。


 サンダーはアロハにペアのセーターをプレゼント。アロハは「センスがいい!」と幸せそうに袖を通した。手を繋いだラブラブな2人を見て、MC・向井は「お似合いだね~」と祝福を送っていた。『アオハル♡LINE』第5弾はAbemaビデオにて配信中。


【見逃し配信】【第5弾最終回】#4 ずっと前から君と話したかった アオハル❤︎LINE

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000