オセロ福地六段の帰国便、機長は36年前の最年少王者 粋なアナウンスが話題に

 12日、チェコ・プラハで行われた2018年「オセロ世界選手権」で優勝した小学5年生の福地啓介六段(11)。その帰国便での“サプライズ”が話題になっている。


 福地六段は、神奈川県在住の小学校5年生。オセロを始めたのは5年前の7歳の時で、母親の影響で始め独学で勉強したという。今大会では無差別部門で36年ぶりとなる最年少優勝と、最年少優勝記録を4年縮める快挙を成し遂げた。

 その福地六段が15日、チェコから帰国する便でのこと。「第42回世界オセロ選手権がチェコのプラハで開催されました。その世界チャンピオンにこの飛行機をご利用いただいております。今回のチャンピオン、最年少優勝記録11歳という快挙でございます。このお話をお客様ともシェアしたく少々お時間をいただきました」とアナウンスした機長は、続けて「実を申しますと、以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録。今回、大幅な更新でございます。大変な快挙でございます。また、女子世界チャンピオンにもご搭乗いただいております。なお団体戦、日本は14年連続優勝ということで、オセロの世界で日本は大変有名でございます。あわせてご紹介いたします。お時間いただきまして、ご清聴大変ありがとうございました」と話した。

(奥が谷田邦彦さん、手前が福地啓介くん 提供:日本オセロ連盟)


 この便で機長を務めた谷田邦彦さんは、1982年の世界オセロ選手権を15歳で優勝した当時の最年少優勝記録保持者。その後、大学を卒業したあとはANA(全日空)に入りパイロット(現在は機長)に。そして、福地くんら日本選手団がプラハからドイツを経由してANA機で帰国する便で、谷田さんが機長を務めた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎谷田邦彦機長の機内アナウンスの映像はこちら

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000