「だから“プロ野球志望届”は必要ない」 元MLBスカウトがドラフト制度の問題点を指摘

 元ロサンゼルス・ドジャースの日本担当スカウトとして斎藤隆氏や黒田博樹氏の獲得にも関わり、現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックスの顧問を務める小島圭市氏(50)が「プロ野球志望届は必要ない」と話し、現在の日本プロ野球界で採用されているドラフト制度の在り方に異議を唱えた。


 小島氏は10月14日、東京六大学野球の秋季リーグを中継していたAbemaTVに解説として登場すると、25日に控えたドラフト会議について、同じく解説を務めた元・プロ野球の広澤克実氏が「今まで無名の名選手はたくさんいた」と話したことを受け、ベテランスカウトの立場から次のように持論を述べ、現在のドラフト制度について次のように続けた。


 「今のスカウトはとても楽ですよ。インターネットで映像も出ますしね。選手は数値化されますが、問題は数値ではない。150kmを投げるからいい投手ということではなく、140kmでも打てないボールを投げる投手が素晴らしい。そのポテンシャルを見極めることがスカウトの仕事なんです」

 この意見に同意し、ヒートアップしたのが広澤氏だ。


 「例えば鳥谷を見に行っていたヤクルトのスカウト陣が、あまり打たないけど、やたら足の速いセンターの選手がいると言って4位で指名したのが青木宣親。広島工業、亜細亜大学でずっと2番手投手だったけど、下手投げで面白い投手がいると、小池を見に行ったはずのヤクルトスカウト陣が指名したのが高津臣吾だよ。こういう出来事、思考が起こらないということではダメ。志望届を提出した選手の中からだけ指名するなんて、まるで人気投票じゃないですか」


 広澤氏の意見を踏まえ、小島氏は「何でもシステマティックになるから、いいスカウトが出てこない。スカウトが育たないから、プロ野球のレベルが上がっているようで、実は上がってこないんです。拒否権もあるわけですから、プロ野球志望届は要らないんです」と話し、この話題を締めくくった。

(C)AbemaTV


10/15 放送中!【早慶運命の3戦目】東京六大学野球秋季リーグ第6週3日

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000