小池徹平、中川大志らから誕生日を祝福されるも困惑「全然馴染んでなくて…」

 映画『覚悟はいいかそこの女子。』の初日舞台挨拶が10月12日、新宿バルト9にて開催され、中川大志、唐田えりか、伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英、小池徹平、井口昇監督が登壇した。

 本作は、椎葉ナナの同名漫画を実写映画化した青春恋愛コメディ。超絶イケメンだが恋愛経験ゼロのヘタレ男子・古谷斗和(中川大志)が、学年一のクールビューティー・三輪美苑(唐田えりか)に本気の恋をし、カッコ悪く奮闘する日々を描く。


 本作で斗和の恋敵となる美術教師を演じている小池。印象に残っている撮影エピソードを聞かれると、学校の校門に立つシーンが思い出に残っているとのこと。さらに、撮影初日が小池の誕生日だったことから、共演者一同でお祝いしてくれたそうだが、「『写真撮りましょう』ってみんなすごいいい笑顔でやってくれたんですけど、初日なもので全然馴染んでいなくて」と苦笑い。「どういう距離感で祝ってもらえばいいのか」と、当時の戸惑いを振り返りつつ、「みんなが良くしてくれて楽しい現場だなと思いましたね」と笑顔を見せた。

 中川は小池と共演した感想を聞かれると、「本当の先生のように、若いチームのみんなにまったく気を遣わせることもなく、優しく盛り上げてくださって」と感謝しきり。中川から「見習いたいと思います」と尊敬の眼差しを向けられ、小池は「褒めても何も出ないですからね」と謙遜していた。

 続いて話を振られた唐田は、小池のことを「徹平先生」と親しみを込めて呼び、「ずっと優しくて、爽やかでしたね。絵しりとりをして遊んでもらったりとか」と、撮影現場での微笑ましいエピソードを披露した。


 その後、「この中で一番のヘタレ男子は?」という話題になると、若林に視線が集まったものの、ヘタレ男子というよりは「お喋り男子」で違うということに。そこでMCが「ヘタレ男子はいないですか?」と問いかけると、井口監督が「中川さんは怖がりなこと多いかもしれません」と暴露。


 すると中川は「今はけっこう大丈夫なんです」と否定したものの、冒頭の一言挨拶で緊張していたかと聞かれると、「していましたね」と認め、照れ笑い。舞台挨拶は毎回緊張すると言い、「マスコミの方もたくさんいますし。猫被らないと(笑)」と話し、会場を笑わせていた。映画『覚悟はいいかそこの女子。』は全国公開中。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000