最も“オオカミくん”と疑われた男・ふみやがめるるに宛てた手紙がカッコよすぎてDream Ami号泣「オオカミ史上、初泣きです」

 10月14日(日)よる10時~、AbemaTV(アべマTV)のAbemaSPECIALチャンネルにて、オリジナル恋愛リアリティーショー『太陽とオオカミくんには騙されない』の最終回が放送され、視聴者投票により脱落したふみやが、“オオカミくん”ではなかったことが判明。MCのDream Amiが号泣する一幕があった。


 同番組は、本気で恋をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちて行くまでを追いかける恋愛リアリティーショー。しかし、イケメン男子の中には、嘘をついたり、好きでもないのに好きなフリをしてちょっかいを出したりと、女子高生たちの恋を邪魔する“オオカミくん”が最低でも1人混ざっている。最終回を迎えた14日放送回は、MCを務める横澤夏子、松田凌、Dream Ami、応援ゲストの飯豊まりえがスタジオで見守る中、告白が行われた。


 告白は女子が男子を指名する形で実施。オオカミくんの着ぐるみを着た男子は、赤い風船を手に持ち、告白してくれる女子を待つ。OKの場合は風船を渡すが、“オオカミくん”だった場合は手放すというルールだ。


 「最もオオカミくんだと疑われた男子が脱落する」というルールのもと、視聴者投票により姿を消したふみや。脱落が発表された日の夜、ふみやはめるると最後のデートへ行き、告白のとき渡せないからという理由で赤い風船をプレゼントした。

 互いに惹かれ合いながらも、引き裂かれた2人の思い。めるるは悲しみに暮れながらも、新しい恋を模索し、近ごろはかいせいとの距離を縮めていた。こうして告白の日が間近に迫る中、めるるにはある大きな悩みがあった。脱落したふみやの正体を知る場合、他の男子への告白を放棄しなければならず、心が揺れ動いていたのだ。


 告白の2日前、めるるは「月LINE」でかいせいを呼び出すと「かいせいくんもすごい一緒にいて楽しいし、悩んでいる」と現在の心境を吐露。「ふみやくんおらんやん。俺がおるし。来てくれたら嬉しいな」と訴えるかいせいに、めるるは「待ってて。ちゃんと考える」と言葉を返した。

 最後まで悩み抜いためるるが向かった先は…そこには誰もおらず、風に揺れる赤い風船と共に手紙が置かれていた。その手紙の主はふみや。めるるは何度も涙を拭いながら、ふみやからの手紙を読み、「信じて良かったです」と言葉を絞り出した。めるるはふみやを選んだのだ。

 手紙の中でふみやは「僕はオオカミくんではありません」と真実を告白。さらに、手紙の続きには「脱落してしまったけれど、僕の心境は自分でも驚くほど晴れやかです。それはきっと、めるるが最後まで僕のことを信じてくれたからです。めるるも今、僕と同じ心境だったら嬉しいです。本当にありがとう」と、めるるへの思いがしたためられていた。

 めるるが愛おしそうに手紙を封筒にしまい、その場を立ち去ると、スタジオのMC陣はしばし沈黙。特に横澤、Dream Ami、飯豊の3人は号泣するあまり、言葉が出てこない様子だった。

 横澤が「まりえちゃんもずっと号泣でしたけど、Amiちゃんが泣くと思っていなかった」と意外そうに語ると、Dream Amiは「オオカミ史上、初泣きです。これは切ないな」と涙を拭った。一方の飯豊は「最後まで素敵な2人でしたね」と、ふみやとめるるの純愛を称賛。視聴者からも「涙が止まらない」といった声が多数寄せられ、切なすぎる恋の結末に、感動の環が広がっていた。


 今回で最終回を迎えた『太陽とオオカミくんには騙されない』、実は最終日直前、きいたはふみやと会っていた?!一体なぜ…?Abemaビデオでは、スペシャルエピローグとしてその様子も配信している。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000