一度は諦めた恋…きいたを想い続けたみうの感動の結末に視聴者も涙「本当に良かった!」 『オオカミくん』最終回

 10月14日(日)よる10時~、AbemaTV(アべマTV)のAbemaSPECIALチャンネルにて、オリジナル恋愛リアリティーショー『太陽とオオカミくんには騙されない』の最終回が放送され、みうがきいたに想いを告白、見事告白成功となった。


 同番組は、本気で恋をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちて行くまでを追いかける恋愛リアリティーショー。しかし、イケメン男子の中には、嘘をついたり、好きでもないのに好きなフリをしてちょっかいを出したりと、女子高生たちの恋を邪魔する“オオカミくん”が最低でも1人混ざっている。14日放送回は、MCを務める横澤夏子、松田凌、Dream Ami、応援ゲストの飯豊まりえがスタジオで見守る中、告白が行われた。


 告白は女子が男子を指名する形で実施。オオカミくんの着ぐるみを着た男子は、赤い風船を手に持ち、告白してくれる女子を待つ。OKの場合は風船を渡すが、“オオカミくん”だった場合は手放すというルールだ。


 “オオカミくん”を予想する視聴者投票では、多く票が入るなど疑いの目を向けられることも多かったきいた。みうとひかり、2人の女子の間で気持ちが揺れ動き、きいた自身も悩み苦しんできた。そんなきいたの姿を見たみうは「2人で会うのは今日で最後にしよう」と苦渋の決断をしていた。

 一度はきいたと距離を置いたみうだったが、最終回では「話していくうちにみんなに優しいところに惹かれていきました。どんな結果でも後悔ないくらい、きいたくんと一緒にいれたことが楽しかったです」と素直に胸の内を打ち明けた。そして「お友達からでいいので、これからもっともっと、きいたくんのことを知っていきたいと思っています。オオカミじゃないって信じています」と告白。

 MC陣も祈る中、きいたの赤い風船は、しっかりとみうの手に渡された。MC陣は驚きと喜びが入り混じった声を上げ、大盛り上がり。松田は一言「最高やん!!」と叫んだ。視聴者からも「ええ!?」「この2人お似合い!」「笑顔がかわいすぎる!」「最高すぎる!!!」「めっちゃ嬉しい!」「感動」など、歓喜のコメントが相次いで寄せられた。


 風船が渡された瞬間、みうは事実を確かめるようにゆっくりと風船の紐を握り、やがて満面の笑みに。きいたは「最後まで信じてくれてありがとう」と、みうに感謝。そして「2人で会うのは最後にしよう」と言われた時「本当は嫌だった」と当時の心境を振り返り、「友達からよろしくお願いします」と頭を下げた。

 スタジオトークでは、きいたが“オオカミくん”ではなかったことに驚く声が多く挙がり、横澤は「恋に必死だっただけで、それが空回りしていたんだ」と、過去のきいたの行動を分析。松田は「男らしいきいたを見たいって言っていたのが叶った。きいたの成長が一番嬉しいかもしれないです」と喜びを語った。

 一途にきいたを思い続け、ハッピーエンドを勝ち取ったみう。番組の最後にはきいたと2人肩を並べ、「幸せ。本当に良かった」と笑顔を弾けさせた。今回で最終回を迎えた『太陽とオオカミくんには騙されない』だが、最終日直前、実は、きいたはふみやと会っていた?!一体なぜ? スペシャルエピローグとしてAbemaビデオで配信中。


【見逃し配信】太陽とオオカミくんには騙されない❤#12 最終回1時間SP信じても、いいですか?


(C)AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000