自宅のゴミ袋を漁って…昭和のムチャクチャ雑誌のあまりにもヤバすぎる内容

 2日、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 「平成が終わる前に聞いてほしい! 昭和ムチャクチャ列伝SP」と題した今回の企画では、「昭和の濃い部分」をよく知るゲストとして、吉田豪、愛甲猛、安田理央、村田らむがスタジオに登場。現在では考えられない昭和ならではのムチャクチャなエピソードについてトークを展開した。


 「ムチャクチャな雑誌の被害者になってしまった昭和の伝説のアイドル」というエピソードについて語ったのは、アダルト系ライターの安田。1979年に創刊された雑誌を取り出して「アイドルの自宅から出たゴミを写真付きで紹介した企画が掲載されている」と紹介する。

 雑誌を手にとってその企画ページを確認しするや「うわぁ、怖っ!」と大声を上げた小沢一敬。相方の井戸田潤も「これとかヤバいよね……」とドン引きしている様子だった。


 あまりにもヤバい内容のため誌面は映せなかったものの、この企画では数ページにわたって実際にアイドルの自宅のゴミ袋をあさって出てきたものを写真と図解入りで説明しているとのこと。掲載されていたのは使用済みの日用品や衣類をはじめ、学生時代のテスト用紙などもあったんだとか。


 「これは訴訟問題でしょ!?」「昭和では普通だったんですか!?」と戸惑うスピードワゴンだったが、安田は「昭和でも問題でしたね」と即答していた。


▶︎【無料配信中】スピードワゴンの月曜The NIGHT#127 昭和むちゃくちゃ列伝


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000