国宝級イケメン・吉沢亮が地味な男子に!『あのコの、トリコ。』で意識した“少女漫画っぽさ”の塩梅

 国宝級イケメン・吉沢亮が、地味で冴えないメガネ男子を熱演!『あのコの、トリコ。』(配給:ショウゲート)が10月5日(金)より全国公開される。白石ユキの少女漫画を原作とした同作は、芸能界を舞台に、田舎で暮らしていた地味で冴えない男子高校生・鈴木 頼(吉沢 亮)が幼い頃から大好きだった“あのコ”立花 雫(新木優子)のためにかっこよく変わっていく様と、もう1人の幼なじみ・東條 昴(杉野遥亮)を含めた3人の恋と夢を追いかけるシンデレラ・ラブストーリー。


 雫に恋することで自身の“俳優”としての夢にも気づいていく頼に、吉沢はどのように挑んだのか。少女漫画要素を残しつつも“ダサさ”を意識したという役作り、仕事観や自身の役者としての転機について話を聞いてきた。

「少女漫画原作っぽくなさすぎるのもいけない」“ダサさ”のいい塩梅を模索

ーー今回、吉沢さんが演じた頼は地味で冴えないメガネ男子。リュックの背負い方だったり、頼の細かい仕草を吉沢さんの方から提案があったと聞きました。どのように役作りを進めていったのですか?


地味な感じというのが表面的にわかりやすい方がいいかなというのがありました。髪質がマットに、でもサラッとなるようなワックスを使ったりとか。あんまりキメすぎてない感じというのがわかりやすく出た方がいいんじゃないのかなと思って、提案させてもらいました。ダサくなりすぎて少女漫画原作っぽくなさすぎるのもいけないので、そのあたりのいい塩梅を狙いながら監督と話し合いながらやっていました。

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


ーー共演の新木優子さんとはキュンキュンするシーンも多かったですね。演じていてやりやすかったですか?


やりやすかったです!優子ちゃんは性格が雫そのもの。誰にでも優しくて本当に明るい方で、すごく接しやすかったです。主演という形で出させてもらうことで、一応現場の雰囲気とか気にしなきゃなとか思っていたんですけど、(新木がいたことで)全然そんなことをしなくても楽しい現場になっていたので良かったです。

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


ーー主演のプレッシャーを感じたところがあったんですね。


『あのコの、トリコ。』は芸能界ものなので、少女漫画チックにわかりやすくなりすぎてもダメかなと思って、そこは意識しました。やっぱり作品としてちゃんと芸能界の裏側というものが見えた方が楽しいだろうなと。そのあたりはプレッシャーというか、ちゃんとやらなきゃなという思いがありました。


電車内で自分の広告と対面!そのとき、吉沢亮は…

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


ーー劇中で下着広告が街の看板に飾られて、女子たちが「イケメン!」と騒いで頼が気まずそうにするというシーンがありましたが。吉沢さんもそういう経験はありますか?


話しかけられたりはありますけど、「あ!吉沢亮だ〜!」とかはないです(笑)。


ーー電車で吉沢さんの脱毛の広告をよく見ます。


電車に乗った時にあれと対面するのはすごい恥ずかしいです。たまに混んでいて、しょうがなくハジの方に寄せられたりしたら、目の前に僕がいたりして。誰も見てるわけじゃないのに下向いたりします(笑)。“その前にいる”って思われたらどうしよう、なんて(笑)。


ーー(笑)電車の乗る吉沢さんは目立ちそうです。


みんなスマホを見ているので、全然バレないです。

ーー特に苦労したシーン、印象に残ったシーンはありますか?


劇中のロミジュリ(「ロミオとジュリエット」の舞台)をやっているシーンは大変でした。劇中劇という芝居をどこまでやったらいいのかというのが難しかったです。本当に舞台っぽく『あのコの、トリコ。』の中でやることが果たして正解なのか、というのがありました。『あのコの、トリコ。』を観に来ている人たちにとって、それは違うんじゃないかと。でも頼は芝居ができる男という設定なので、どこまでやるかが難しかったです。結果、映画の世界観に合わせてわかりやすくやるっていう形になりました。舞台のテンションでやっちゃうとお客さんびっくりしちゃうので。

(C)2018 白石ユキ・小学館/「あのコの、トリコ。」製作委員会


役者としての覚悟を決めたのは19歳 初主演舞台での悔しさをバネに 

ーー頼は雫のために俳優を目指しますが、吉沢さんが「これのためなら頑張れる!」と思うものはありますか?


何かのために頑張っているというよりは、(お芝居は)好きでやっているという感じです。普通に現場にいるのが好きで、お芝居している時が一番楽しい。逆にプライベートの時はダメダメです(笑)。


ーー吉沢さんが役者として生きていこうと強く決意した時期はいつでしょうか?


19歳くらいの頃に、初めて主演で舞台とドラマ連動の作品をやらせてもらったときです。お芝居面でもそうですし、それまで感じたことのない悔しい思いをたくさんしました。初めての主演でACTシアター(TBS赤坂ACTシアター)って結構大きい舞台でやらせていただいたんですけど、人が全然入ってなくて、そういう光景を見てすごくショックでした。それで逆に火がつきました。それまでは(お芝居を)そこまで本気でやっていたわけではなくて、そこまで悔しいと思ったこともなかったんですけど、初めてそういう気持ちが生まれて、本気でやろうと思ったきっかけでした。

やっぱり悩んでいる現場の方が作品的に良かったりとか、後から納得のいく物になっていることが多い気がします。苦しい思いをして作った作品の方がいいのなと思います。

ーー吉沢さんの子ども時代の夢を教えてください。


兄がいるんですけど、兄が獣医になりたいみたいなことを言ってて、僕もそれに乗っかって獣医になりたいって思っていた気がします。動物が得意ってわけでもないのに。兄は2つ上なんですけど、小さい頃はやっぱり憧れていて「兄貴が言ってるから俺もなりたい!」って(笑)。


ーーお兄さんとは顔は似てらっしゃいますか?


似てないです。男4人兄弟なんですけど、誰も似てないんです。


ーーえ、そうなんですね!でも、すごくイケメンそうです!初恋の思い出なんかはありますでしょうか?


小学生くらいの頃は、しょっちゅう好きな女の子が変わっていました。1年に1回は変わっていた気がします。隣になった女の子と話しているうちに好きになっちゃったり。席替えとかして好きになる子変わったりとか(笑)。


ーーそこは頼と違いましたね! 最後に吉沢さんからみた『あのコの、トリコ。』オススメポイントを教えてください。


やっぱりキュンキュンポイントは見所です。あとは3人が夢を追いかけているというそういう意味でのキラキラ感があって、いい作品だなと思います。3人それぞれが成長していく。頼も最初は雫のためにってやっていたのが、自分がやりたいからやるに変わっていく。その心の成長が魅力なのかなと思います。


『あのコの、トリコ。』は10月5日(金)全国ロードショー!


スタイリスト:荒木大輔

ヘアメイク:小林正憲(SHIMA)

テキスト:堤茜子

写真:mayuko yamaguchi

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000