「来て欲しいゲストは吉田鋼太郎さん!」田中圭が24時間生放送でドラマを作る『田中圭24時間テレビ』AbemaTVにて放送決定

 今最も旬な俳優の1人である田中圭が24時間生出演し、1本のドラマを作り上げていく。そんな前代未聞の特別番組『田中圭24時間テレビ』が、12月15日(土)よる9時から、AbemaTVにて放送されることが明らかになった。生放送の中でどのように撮影するのか? 他の出演者は? ストーリー、田中の役柄は? など、気になることだらけの本番組。今回、大きな挑戦をすることになった田中と、企画・演出を手がける放送作家の鈴木おさむが、会見に応じた。


脚本は鈴木おさむと東村アキコが担当


 集まった報道陣を前に、鈴木は「今までおそらくどのテレビ局もやったことがない企画」と胸を張り、概要を説明し始めた。それによると、生放送の中で撮影するシーンは全部で24あり、1時間で1シーンを撮影、さらに1シーンごとに異なるゲストが登場する。24のシーンはすべて連続したストーリーとなっており、田中は本人役として出演する予定とのこと。ただし、内容はフィクション色が強いものになるそうだ。

 23シーンまではNGが出たら撮り直しながら、生放送の中で撮影を進め、その日のうちに編集し放送。ドラマの制作現場を生放送で見られるというのも、魅力の1つだ。田中はゲストとの会話もしつつ、スタジオやロケ現場を移動しながら撮影に臨む。そして最後の24シーン目が、本当の意味での生ドラマになるという。


 『おっさんずラブ』によるブレイクを嬉しく思っていた鈴木が、「今の圭くんで最高の企画ができないか」と考え、思いついたのが今回の『田中圭24時間テレビ』とのこと。鈴木は「圭くんじゃなきゃできないなと思いました」と断言した。


 脚本は鈴木の他に、『東京タラレバ娘』『海月姫』などの作品で知られる東村アキコが担当。現在、鈴木と東村で構成を練っていると言い、すでに行われた打ち合わせでは「子犬を抱いて欲しい」「暗殺者に撃たれてほしい」など、「こんな田中圭を見たい!」というアイディアが、2人の間で挙がっていることも明かされた。

 「大変無謀かつ斬新な企画になっております」と説明を締めくくった鈴木の横で、終始苦笑いを浮かべていた田中。それもそのはず。実は田中本人も、これらの概要を聞かされるのはこの日が初めてだったのだ。


 今の率直な気持ちを聞かれ、田中は「本当に失礼というか、言っていいのかわからないんですけど…、受けなければ良かったと今は思っています(笑)」と心境を吐露。当初話を受けた時は乗り気でなかったそうだが、これまで舞台でもタッグを組み、絶対の信頼を寄せる鈴木が企画・演出と聞き、「『無条件でやりたいです』ぐらいの感じになった」と、オファーを受けた経緯を振り返った。

 だがその一方で、不安も膨らむ田中は「ドラマを作ると聞いて、面白いなと思ったんですけど、24シーンとかゲストとか、東村さんとか今聞いたので。東村さんとおさむさん、最悪なドSコンビなんですよ。もうどうしよう…」と頭を抱えた。


 そんな田中をよそに、鈴木は「お腹空くじゃないですか、お風呂も入りたいじゃないですか。お風呂、どうぞ入ってください。ただ撮影しますけど(笑)。そういうのもドラマのワンシーンで」と豪快に笑う。さらに「見たいシーン、皆さんありますよね。リクエストも受け付けますから」と呼びかけた。

 「僕とゲストの方はいつの段階で脚本に目を通すんですか?」と田中が質問すると、「基本、ゲストの方はしっかり読んできてもらいます。プランはいくつかあるんですけど、圭くんにはギリでもいいかな。ものによっては、次のシーンに移動するまでの間に突然渡されて…」と、またしても容赦ない発言が飛び出した。


 ただ笑うしかない田中を前に、鈴木は「僕は田中圭という役者のポテンシャルをすごい理解しているんですね。『おっさんずラブ』でよりブレイクしましたけど、僕は田中圭のポテンシャルを世の中に知らしめたい。台詞覚えるの早いし、演技も上手いし、ゲストと合わせるのもすごい」と、田中の能力を大絶賛。その上で「かなりの長台詞を突然渡して…」と、田中が長台詞のある芝居を速攻で演じる可能性も語った。

 意気揚々と語る鈴木に対し、田中は唖然とした表情を浮かべ「発言がドSすぎますね」と繰り返したが、長台詞には自信があるようだ。「本当に嫌です」と訴えつつ「でも、覚えるの早いので」とニヤリ。「ちょうど集中している時に長い台詞があるシーンが来て、『すごいかっこいいじゃん、田中圭!』みたいなのを見せられたらいいなと思います」と意気込んだ。


 「何が来ても大丈夫」とNG無しの覚悟を明かした田中だったが、1つ心配なことがある模様。それは、人見知りな性格ということだ。しかし、そんな田中の不安を、鈴木は「それは大丈夫です。人見知りの部分も全部放送すればいい」と一蹴。さらに「ちょっとここは無理して頑張ったなとか、芸能界の先輩が来たから頑張ったなとか、人見知り同士の役者さんだとあんまり話さないんだな、とか。そういうことを全部見せてしまうというのが、今のテレビや番組にとって大事なことなんじゃないか。そこに真実がある」と想いを語った。

 最後に来て欲しいゲストを聞かれると、田中は「お芝居うまくて、僕が知っている方で頼りがいがあるとなると、吉田鋼太郎さんとか」と『おっさんずラブ』で共演した吉田鋼太郎の名前を挙げた。「ドラマの中で『おっさんずラブ』が見られる可能性も?」との質問が飛ぶと、鈴木は「そういうのもあるかもしれないですね」と可能性を示唆。


 また、田中は吉田鋼太郎以外に「それこそ『先輩なんだから出ろよ、小栗旬!』みたいな(笑)」と、同じ事務所の先輩である小栗旬にラブコールを送り、「そこらへんの先輩たちの胸を思いっきり借りて、先輩たちが来た時には、僕よりもすごい長台詞を言ってもらって、『かっけー!』って言おうっていう(笑)」と、無邪気に目を輝かせていた。

 AbemaTV特別番組『田中圭24時間テレビ』は12月15日に放送。


取材・テキスト:水野梨香

撮影:岡田誠

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000