新川優愛&平祐奈も絶賛、15歳・宮部のぞみさんが「ミス・ティーン・ジャパン」グランプリ

 ミス・ユニバース・ジャパンの妹分コンテスト「2019 ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が23日、都内で行われ、応援アンバサダーとして女優の新川優愛(24)、平祐奈(19)が出席した。


 「ミス・ティーン・ジャパン」は、今年で8回目を迎える13歳~17歳以下を対象としたコンテストで、応募総数4237人の中から、自己PRで特技のトランペットを披露した愛知県出身の中学3年生・宮部のぞみさん(15)がグランプリを獲得。宮部さんは「1人で(グランプリまで)来られなかったと思うので……。ありがとうございました」と笑顔でコメントした。

 この日、身長163.6cmのスタイルを生かしたポージングで会場を沸かせた宮部さん。新川は「今年(のグランプリは)この子って言っていたんです。(髪の毛を)結んでいるのを見たときに、顔の小ささがさらに際立っているなって。このバランスがさすがだなっていうところと、この透明感ですね」と宮部さんの魅力を語った。


 また、平も「爽やかで自然体。ナチュラルな美しさ、かわいさと、全部パーフェクトですし。あとは、何もしなくてもかわいい。愛嬌がある」と話し、応援アンバサダーの2人も宮部さんを絶賛していた。

 目標にしている女優は新垣結衣(30)だという宮部さん。グランプリの副賞・賞金50万円とハワイのペア旅行券の使い道について聞かれると、「10万円くらいをディズニーランド」と笑顔で答えた。さらに「ハワイのペア旅行券は誰と行きますか?」という質問には「自分は行かずに誰かに渡したいです。おじいちゃんとおばあちゃんとかに」と話していた。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)


Abemaビデオ▶初々しいミスマガジンが水着で大集合!『矢口真里のThe NIGHT』

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000