“声優”という存在を意識したきっかけは? 緒方恵美は「絵がしゃべってるんだと……」

 声優の内田彩と緒方恵美、音響監督で音響プロデューサーのなかのとおるが、それぞれが“声優”という存在を意識するようになったきっかけを語り合った。緒方は、「私は小学校の高学年まで、アニメというのは絵がしゃべっているんだと思っていた」と苦笑いしている。

 9月17日に生放送されたAbemaTV「声優と夜あそび」では、『フリクリ』や『ガラスの仮面』、『天元突破グレンラガン』といったアニメを手掛けてきたなかのをゲストに迎えて、彼の経歴を振り返った。なかのは、小学校低学年の頃、アニメのエンディングや、洋画の吹き替えのクレジットから、「この人とこの人の声が同じだ」と声優を意識するようになったことを明かした。緒方は、「私は小学校の高学年まで、アニメというのは絵がしゃべっているんだと思っていた。声優という仕事を学ぶのがすごく遅かったんですけど、そんな低学年のときから……」と驚きを示した。


 また、内田が声優を意識するようになったのは、まさに緒方がきっかけだそう。「緒方恵美さんっていう人が(『幽☆遊☆白書』の)蔵馬の声なんだ……って意識があって、不思議に思っていました」と振り返ると、緒方は、照れながらも「私も不思議でした。ありがとうございます」と返して笑いを誘った。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】 声優と夜あそび【月:緒方恵美×内田彩】 #24 なかのとおるがゲストに登場!

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000