「下ネタには“芸人の美学”が凝縮されている」 『シモネタGP2018シモ半期』MCのケンコバ、下ネタの魅力語る

 17日夜10時より、AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で新番組『シモネタGP2018シモ半期』の放送が開始された。


 『シモネタGP』とは、M-1グランプリやキングオブコントとは“ひと味”異なるお笑い界の新たな賞レース。コントや漫才といったお笑いの垣根を一切取っ払い、「下ネタ」というワールドワイド(?)な共感領域のもと、今話題のお笑い芸人たちが一堂に会するAbemaTVならではの新コンテンツだ。


 5月に行われた前大会の『シモネタGP2018』では、『M-1グランプリ』ファイナリストのお笑いコンビ・トータルテンボスや相席スタート、『R-1グランプリ』ファイナリストのお笑い芸人・エハラマサヒロやAMEMIYAなどを抑え、シモネタを狂気のキャラクターで表現したお笑いコンビ・かもめんたるが優勝。“初代シモネタチャンピオン”として優勝賞金の100万円を手にした。

 

 「シモ半期」と題して行われる今大会のMCを務めるのは、前回に続いてお笑いタレントのケンドーコバヤシだ。再びシモネタGPが開催されることについてケンコバは、独特な言い回しで次のように答えた。


 「前回は2018と題していました。さすがに2019は無いやろと思いながらやっていたのでね(笑)。ただ来年も出来たらいいなと思っていたら……『今年もう1度やるんかい!』と。何というか、下ネタは『子供の食欲』みたいな感じなんですかね。好きな物ばかり食べたいという。食欲と性欲は繋がっていると聞いたこともありますから」


 お笑い界の賞レースと言えば、漫才には「M-1グランプリ」が、コントには「キングオブコント」がある。今回は漫才でもコントでもない、「下ネタ」というテーマで一括りにした「シモネタGP」。この新たな賞レースは、参加する芸人にとってどのような位置づけになるのか。


 「このために下ネタを用意した芸人もいるかもしれませんが、芸人というのは必ず、ライブ用に下ネタを持っています。芸人にとって下ネタは、切り札というか、隠し持ったナイフ。ライブに通っている人は見たことがあるかもしれませんが、そうでない人は、まとめて見ることができる貴重な機会なのでは。それに同じネタをいつまでもできるわけじゃない。少しでも多くの人に見てもらえた方が、ネタも成仏できますから」

 

 単刀直入に聞いた。ケンコバにとって、下ネタとは?

 

 「私だけじゃなく、ネタを作る芸人からすれば、実は下ネタの無い大会よりさらに多くの縛りが存在する難しさはある。その難しさを表に出さない『芸人の美学』が凝縮されています。ネタの一つひとつを見ても、よく考えられている。ネタ番組が減ってきている今、純粋なネタファンにこそ見て欲しい。僕は本当大好きなんですけど、これがお笑いの本道に行ってしまいそうになったら、その時は『全力で阻止』しますけどね(笑)」


【必見! 無料動画】紺野ぶるまの“大人の謎かけ” 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000