音楽クリエイター・前田尚紀氏のゲームスタジオ「Unlimited Studio」第1弾「セブンスコード」発表

 音楽クリエイターの前田尚紀氏(NAOKI MAEDA)によって設立されたゲームスタジオ「Unlimited Studio」は9月20日、千葉市の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2018、サイバーエージェントグループ特設ブース内で、同スタジオのデビュー作となる「セブンスコード」を発表した。

 ステージに登壇した前田氏はスタジオ設立のコンセプトとして「機械じみた生き方をしていても世の中つまらないので、そういう時に必要なのがエンタテインメント。味わうなら感情MAXで泣いて笑って叫んじゃう、体いっぱい楽しめて感動できるコンテンツを発表したいと思います」と語った。


 そして発表したのが「これは“音楽ゲームではない”音楽ゲーム」というキャッチコピーのついた第1弾「セブンスコード」だ。音楽ゲームでありながらストーリーがあり、背景としては「人類が滅亡の危機に立たされていて、その要因が7つの謎です。『7』に様々な謎が含まれていて、どんどん解読をしていかないといけません」とゲーム性の一部を紹介した。この謎を解く部分は「リズムアクションパート」と呼ばれ、これまでのリズムアクションゲームのようなプレイだけでなく、同時に謎を解くことにプレイヤーは挑戦することになるという。


 またゲームとして斬新な機能としては、他にもある。ゲームと現実世界をリンクさせ、進行具合によって、ゲームの内容も変わっていくという。さらに運営型のゲームでありながら「このゲームに関しては1年間限定で、エンディングを迎えてしまいます」と、まさに現実世界のように、限られた時間の中でいかにプレイするかによって、その行方が大きく変わることになりそうだ。


(C)UNLIMITED STUDiO

(C)AbemaTV


▶【見逃し視聴】東京ゲームショウ サイバーエージェントステージDAY1

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000