“元TBS”安東弘樹アナがテレ朝ドラマ初出演、『指定弁護士』でワイドショー司会者役に

 検察が“不起訴”にした容疑者を、市民による「検察審査会」が2回続けて“起訴すべき”と判断した際に検察官役として指定される弁護士「指定弁護士」。検察が何度も『白』と判断した事件を『黒』と主張することは、ほぼ負け戦でしかない。それでも戦うことで見えてくる“真実”もある――。


 「指定弁護士」となった京都の弁護士・一ツ木唯を北川景子が熱演する、23日(日)放送のドラマ『指定弁護士』(テレビ朝日系)。バディの検察官・橘慎二(北村一輝)と事件の真相究明に挑み、同時に自らの道をつかんでいく姿が描かれる。


 そんな全く新しい本格リーガルドラマに、フリーアナウンサー・安東弘樹が出演することがわかった。安東アナはテレビ朝日系ドラマ初出演で、唯と慎二が挑む事件の経過と世間の反応を伝えるワイドショーの司会者役を演じる。


■安東アナ「刑事ドラマを見まくっていました!」

 元TBSアナウンサーで、今年春の退社後はフリーアナウンサーとして幅広い分野で活躍している安東アナ。さまざまなバラエティー番組に出演中のほか、6月には日本テレビ系の連続ドラマにも出演し、TBS以外の局での俳優デビューも飾った。


 今回の出演について「一言で申し上げると、『恐縮』でした」と安東アナ。テレビ朝日のドラマは局アナ時代から「刑事ドラマを中心に観まくっていた」といい、「スタッフの皆さん、本作の監督も実直で温和な方が多くて有難い」とコメント。局舎についても「とにかくキレイで楽屋が使いやすい(笑)」と太鼓判を押す。


 実際の出演シーンでは安東アナの報道を通して“世間の一般的な反応”がとてもリアルに描かれるということもあって「本物の番組やキャスターに見えるように、実際に生放送されている番組だと思って収録に臨みました」と本領発揮の役作りを行ったことを報告。「リアリティーにこだわりながら、人間ドラマとして考えさせられる素晴らしい作品です」とアピールした。


【安東弘樹アナウンサー コメント】

――今回のオファーを聞いた時、どのように感じられましたか?

 一言で申し上げると、「恐縮」でした。前に出演したドラマよりシーンもセリフも多かったので、うれしい反面、大丈夫だろうか…という不安も感じましたが、とにかく迷惑を掛けないようにセリフだけは覚えておこうと思い、必死に覚えました。自分自身が映画やドラマを見る際にリアリティーが気になってしまうタイプなので、本番では本物の番組やキャスターに見えるように、実際に生放送されている番組だと思って収録に臨みましたが、やはり、完全に自然には出来なかったと反省しております。


――テレビ朝日系ドラマへの出演は初ですが、これまで「テレビ朝日」及び「テレビ朝日のドラマ」にどのような印象をお持ちでしたか?

 これまでクイズ番組や個人的に好きだったバラエティー番組に出演させて頂きましたが、とにかく局舎がキレイで楽屋が使いやすいのが最初の印象でした(笑)。スタッフの皆さん、局のプロデューサーさんからADさん、そして本作の竹園(元)監督も実直で温和な方が多くて有難いです。テレビ朝日のドラマはTBS社員時代から(笑)、刑事ドラマを中心に観まくっています。『相棒』『臨場』『遺留捜査』『9係』『特捜9』…あ、これくらいにしておきます(笑)。


――ロケ場所「びわ湖放送」(滋賀県大津市)まで、東京からご自身の車で運転していかれたとお聞きしました。往復の旅路やドラマ撮影などで何か印象に残っている光景や風景・食べ物などはありますか?

 一度、食事の為に休憩しただけでしたが、その大津のサービスエリアで食べた近江牛のステーキがおいしかったです。東京から5時間、私にとっては短い方のドライブです。それと高台にあるびわ湖放送さんから見た琵琶湖や大津の町並みがキレイでした。今回は実際のスタジオでの撮影でしたが、ほかの局のスタジオにお邪魔すると、さまざまな方がここで懸命にお仕事をされているのだなと思い、身が引き締まります。


――今回は司会者役でしたが、今後挑戦してみたい役柄はありますか? 

 SATの隊員や、レスキュー隊員等、セリフは無くても良いので、ユニフォーム系の役がうれしいです。


――最後に今回のドラマの見どころや、安東さんご自身出演シーンでの見どころをお教えください。

 リアリティーにこだわりながら、人間ドラマとして考えさせられる素晴らしい作品だと思います。私のシーンは、記憶に残らなかったら正解だと思います。(司会ぶりが)「わ、ウソっぽい」と思われない事だけを祈っています!


■あらすじ

 京都の三塚法律事務所で、弁護士の一ツ木唯(北川景子)とボス弁の三塚文則(中村梅雀)がテレビを見ている。ワイドショーに取り上げられているのは京都選出の衆議院議員・田金清造(石橋蓮司)。問題発言の多い議員として連日取り上げられていた。事務所内には唯の夫でパラリーガルの一ツ木隆司(えなりかずき)と、弁護士の箭内光太郎(矢柴俊博)の姿も。唯と箭内は未来の三塚のパートナーの座を争う間柄でもある。

 やがて田金に新たな疑惑が持ち上がった。2010年に国有地を社会福祉法人『辰波福祉会』に売却した際に、不当な払い下げがあったのではないかというのだ。田金が『辰波福祉会』の名誉顧問を勤めていたことも判明し、世論からは激しいバッシングの嵐が。そしてその声に押されるようにして大阪地検特捜部が捜査に入り、田金とその秘書・斎藤益道(伊東孝明)が逮捕される。だが、結果は双方ともに不起訴処分…! 結果を受けた京都地検・特別刑事部の橘慎二(北村一輝)と白井逸雄(相島一之)は、苦々しい表情でそのニュースを見つめることしかできない。


 そんな時、唯は弁護士仲間の神林京子(羽田美智子)から「指定弁護士をやってみないか」と声を掛けられる。被告人はなんと、あの田金。彼は不起訴処分を受けたものの、その後の検察審査会で“起訴相当”となり、さらにもう一度行われる検察審査会で再び“起訴相当”になれば、指定弁護士に強制起訴されるのだ。今や日本中の敵と言える田金…。その彼を起訴できれば弁護士としての名が売れ、三塚のパートナー弁護士の座も近付くかもしれない―。唯は指定弁護士を引き受ける。


(C)テレビ朝日


Abemaビデオ▶『トリック』『孤独のグルメ』など地上波で放送されたドラマも配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000