大関2場所目&カド番の栃ノ心、自慢の怪力で不安一掃 得意の吊り出しで快勝

<大相撲秋場所>◇初日◇9日◇東京・両国国技館

 大関昇進直後の場所で途中休場のために負け越し、2場所目でカド番となっている栃ノ心(春日野)が、前頭二枚目・千代大龍(九重)を吊り出しで下し、不安を一掃した。

 先場所は新大関として活躍を期待されつつ、右足の親指を痛め途中休場。優勝さらには一気に横綱候補と期待を集めていただけに、悔しい場所となっていた。この日は千代大龍に対し、立ち合いから丁寧に攻めると両差しから最後は怪力をいかして得意の吊りで勝負を決めた。


 AbemaTVの中継で解説していた元横綱・大乃国の芝田山親方は「大丈夫ですね。強いですね。構わず前に前に出る相撲を取っている」と高く評価していた。

(C)AbemaTV

▶9/10(月)16:00~ 大相撲LIVE 秋場所(幕内)2日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000