あおい、誰からも指名されず強制リタイアに 『私の年下王子さま』第9話

 AbemaTVにて9月9日(土)よる10時より、『私の年下王子さま』第9話が放送された。

 同番組は、フレッシュな年下の男子である“年下王子”たちが、恋愛経験豊富な年上女性=“オトナ女子”にアプローチして、ときめきを与えられるかを検証すべく男女の恋愛模様を追いかける恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、モデルでタレントの木下優樹菜。ゲストには、歌手の青山テルマ、東海発の男性アイドルグループ「BOYS AND MEN」のメンバーで俳優の小林豊、そしてエンディングテーマ曲を歌う「SILENT SIREN」のボーカル・すぅを迎えた。


 年下王子として出演するのは、“負けず嫌いなナマイキ王子”西野龍太(龍太・21歳)、“ふんわり系チワワ王子”世古口凌(りょう・21歳)、 “女性に不慣れなピュア王子”葵尉(あおい・19歳)、”商社勤務のスマイル王子”相馬理(さとる・21歳)、”熱いハートのワイルド王子”TOMOKI(TOMOKI・22歳)、”積極的なポジティブ王子”吉田宗平(宗平・22歳)。そんな年下王子たちと出会うのが、気さくで可愛らしいモデルの光沙子(みさみさ・29歳)、おっとりタレントの尾崎明日香(あすか・25歳)、メンバー最年長の竹内渉(あゆむ・32歳)、DJもこなすキレイ系モデルの植田せりな(せりな・29歳)。


 10人は、お泊り旅行や抜けがけの個別デート、ホームパーティーなどを通して仲を深め合い、年下王子から女性に告白。告白が成功すればカップル成立となり、卒業することができるというルールだ。さらに、執事からLINEで送られてくる指令が恋を加速させる。


 2泊3日の旅行にきたメンバーたち。この旅行の最後には、女子メンバーが推しの王子を2名選び、誰にも選ばれなかった王子は強制リタイアという厳しいルールが待っている。

 そんな中、メンバーたちは花火をして距離を縮めることに。最後まで残った男子が、気になる女子を指名して次の日の朝食作りをすることができるという線香花火対決を見事制したあおいは、あすかとせりなを指名。3人で朝食を作るチャンスをゲットした。

 しかし、いざ朝食作りの時間になると、緊張しまくりのあおいはなかなか言葉が出てこず。会話が弾まない。

 その後、海水浴を楽しむメンバーたちだったが、ここでもあおいは誰のことも誘えず。最後のアピールタイムで、気になるあすかに「選んでほしい」と話すことで精一杯だった。


 そしていよいよ投票のとき。あおいの前には、最後の1枚の旅行チケットを手にしたあすかが。だが、あすかがそれを渡すことを決めていたのは、宗平だった。執事から強制リタイアのメールを受け取ったあおいは、「本当に楽しかったです、ありがとうございました」と挨拶をしてその場を去る。

 あおいの恋の行方をずっと見守ってきたスタジオメンバーたちは、「しょうがないよ、あおいがもうちょっと変わらないと」となかなかアピールできなかったあおいに厳しいコメント。さらに、「やっぱりまなたがよかったんだと思う」「あおいの良さを引き出すのはまなただった」など、元メンバーだった積極的で話し上手な関西女子・まなたが合っていたのではないか、と意見した。


(c)AbemaTV

▶︎【Abemaビデオで配信中】私の年下王子さま

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000