なんでんかんでん復活!「スープがぬるい」との指摘に川原ひろし社長「ちょっとテンパっている」

 3日、かつて東京に空前の豚骨ラーメンブームを巻き起こした伝説のラーメン店「なんでんかんでん」が高円寺で復活、ネット上でも話題になっている。


「なんでんかんでん」は1987年、ラーメンと言えば醤油か味噌だった時代に「とんこつラーメン」の店として彗星の如く出現、「東京人が初めて食べたとんこつラーメン」とも言われている。最盛期の繁盛ぶりは凄まじく、毎夜1000人を超える大行列が発生。世田谷の環七通り沿いに違法駐車が続出し「なんでんかんでん渋滞」と呼ばれるなど、社会現象になったが、2012年に閉店していた。

 オープンして2日で、すでに1400人もの人が訪れた同店。


 「臭ーいとんこつも海苔のプリントも10年経っても変わってない!また通報されるくらい繁盛してほしい!」

 「オープンしてまだ3日だけどもう3回食べてしまった」

 「朝7時に行って1番乗りだと思ってたら、先に並んでる人がいてびっくり!」


 と復活を喜ぶ声がある一方、「スープがぬるい!」との苦情も。社長の川原ひろし氏は「復活したばかりでちょっとテンパっている。ただすぐ慣れると思うので、すぐにおいしいラーメンを提供できるようになる!今度は大丈夫!」とコメントしていた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000