元NMB48福本愛菜、間寛平ホストのマラソン大会に「NMB辞めた子たち誘いたい」

 お笑いタレントの間寛平(69)、元NMB48の福本愛菜(25)らが29日、大阪市内で行われた「淀川 寛平マラソン2019」の開催発表記者会見に出席した。


 寛平がホストを務めるこの大会は、2013年から始まり、フルマラソン・駅伝など4種目を競う。7回目となる今回は2019年の3月に開催され、200人を超えるよしもと芸人らが大会を盛り上げる。

 「今度は(開催が)3月の3日ということでね、うちの孫娘のイワちゃんが、このマラソンに出たいと言っていたんですよ。そして3月の3日生まれなんですよ」と話し、「それに開催を合わせたんですか?」との質問には「合わせて作りました」と“おじいちゃん”の顔で笑みを浮かべていた寛平。会見を開いたにもかかわらずまだ何も決まっていないというが、「(3月3日の)ひな祭りは女の子。だから女の子を盛り上げたい。女の子を主体に何か考えていこうと今考えているところなんです」と考えを明かした。

 元NMB48の福本は「(駅伝に)私を筆頭にNMBを辞めた子たちを誘いたいなと……」と自身のプランを明かし、「山本彩、山田菜々、渡辺美優紀、門脇佳奈子、須藤凛々花」と、NMB48の卒業生に公開オファー。


 しかし、メンバーのスケジュール調整はこれからだという。福本は「今さっき考えた案なので。でもスケジュールは押さえたもの勝ちだと思うので、同じ吉本ということで覚悟してもらいたいと思っています」と笑顔を見せていた。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)


Abemaビデオ▶須藤凛々花が渾身のケツバット!会場がどよめく

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000