里見香奈女流四冠、7年ぶりの男性棋戦復帰から4勝3敗 浦野真彦八段にも勝利

 将棋の“女流最強”棋士、里見香奈女流四冠(26)が8月27日、男性棋戦である王座戦一次予選で浦野真彦八段(54)に143手で勝利し、2回戦に進んだ。里見女流四冠は、今期から7年ぶりに女流枠で男性棋戦に復帰したが、この日の対局を含めて8局指して4勝3敗。24日には天才棋士・藤井聡太七段(16)にも序盤は優勢に進める対局を見せるなど、女流ながら男性棋士に引けを取らない戦いぶりをまたも見せた。

 里見女流四冠は、女流棋戦にも出場しながら、奨励会の三段リーグから女性としては初の四段昇段しての「棋士」を目指していた。だが奨励会の年齢制限により今年3月に退会。念願の棋士になれず、5月からは女流にも出場枠がある男性棋戦に復帰していた。藤井七段は別格としても、四段昇段まもない若手がプロデビュー後に高勝率を誇ることは珍しくなく、三段リーグの若手たちと凌ぎを削ってきた里見女流四冠が、今後も男性棋士を破ることもありそうだ。


◆里見香奈女流四冠 男性棋戦復帰後の戦績(すべて2018年)

5月14日 加古川青流戦 池永天志三段 ● 112手

6月18日 棋聖戦一次予選 村田智宏六段 ○ 85手

8月8日 朝日杯将棋オープン戦一次予選 増田裕司六段 ○ 114手

8月8日 朝日杯将棋オープン戦一次予選 福崎文吾九段 ○ 88手

8月11日 叡王戦段位別予選四段戦 井出隼平四段 ● 114手

8月24日 棋聖戦一次予選 藤井聡太七段 ● 82手

8月27日 王座戦一次予選 浦野真彦八段 ○ 143手

(写真提供:日本将棋連盟)


▶8/28(火)9:30~ 第77期 順位戦 C級1組 第4回戦 青野照市九段 対 藤井聡太七段

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000