大竹しのぶ×多部未華子×段田安則 ワケあり男女3人の密室劇『出口なし』よりコメント到着

 本日8月25日に開幕したシス・カンパニー公演『出口なし』東京公演より、舞台写真とキャストコメントが到着した。

 演出・上演台本:小川絵梨子、 出演:大竹しのぶ・多部未華子・段田安則という注目のメンバーで、この酷暑の夏にも負けず、約1か月の稽古を重ねてきた同舞台。密室に集められたワケあり男女3人が濃密に、ときには滑稽なほどのテンションで語り出す、それぞれの人生、愛、恋、闘い…。演劇界屈指の顔ぶれが繰り広げる見逃せない演劇バトルとなっている。


キャストコメント


大竹しのぶ コメント

いつもは台本で読んでいるときよりも、立ち稽古に入ってからのほうがわかってくるものなのですが、今回の作品は 立ってから、稽古が進めば進むほど考えることが多かったですね。「お~い、サルトル!」とか言いながら、稽古場で皆で笑っていました。演じる側にとっては、とても課題が大きい作品なのですが、皆で集中してしっかりと稽古を重ねてきました。お客様には、『何が起こるの?』というワクワクした気持ちでご覧いただけたら嬉しいですね。


多部未華子 コメント

やってみたかった少人数の濃密なお芝居で、しかも、大竹さん、段田さんとご一緒!そして、初めての小川絵梨子さん演出という、私にとっては初めて経験することが一杯詰まった作品です。実は、稽古でここまで追い詰められた気分になったのも初めてです。それでも、その余裕のなさや苦しさを前向きに味わって楽しんでいる自分がいます。小川さんの鋭利な視点、大先輩のお二人の芝居への真摯な姿勢など、刺激的で得難い感覚を毎日味わっているところです。


段田安則 コメント

実は、サルトルが戯曲を書いていたことも知らず、小川さんの演出で、大竹さん、多部さんと芝居ができることが楽しみ で出演を決めました。お芝居好きの皆さんにとっても、「観たい!面白そう!」と思っていただける組み合わせだと思うんです。僕も含まれていると嬉しいですが(笑)。初めてのサルトル戯曲は、とても手ごわいものだったのですが、劇中 で起こることを自分でも楽しみ、それをお客様と分かち合えれば……と思っているところです。是非、ご覧ください。


ストーリー

 とある一室に、それぞれ初対面のガルサン、イネス、エステルの男女3 人が案内されてきた。この部屋には窓もなく、鏡もない。 これまで接点もなかった3人だったが、次第に互いの素性や過去を語り出す。ガルサンはジャーナリスト、イネスは郵便局員、そして、エステルには年が離れた裕福な夫がいたという。それぞれがここに来るまでの話はするものの、特に理解し合う気もない 3 人は、互いを挑発し合い、傷つけ合うような言葉をぶつけ合う。そして、この出口のない密室でお互いを苦しめ合うことでしか、自分の存在を確認する術もない。なぜ 3 人は一室に集められたのか……。ここで、彼らは何らかの救いを見出せるのだろうか?

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000